チューリップ折り紙の平面での折り方!簡単に花の茎も子供と作ろう

チューリップは、春の花の中でも色鮮やかでキレイですね。

暖かくなると咲くチューリップは、冬のうちから少しずつ芽が出てくるのを見るのが、楽しみでもあります。

そんな可愛らしいチューリップを、折り紙で折っていきます。とっても簡単で工程も難しくないので、子供と一緒に作ってもいいですよね。我が家の娘は、年少さんでこのチューリップが折れたほど。

今回は、「花の茎」も合わせて作り方もご紹介しています。また平面で仕上がるので、壁に飾ったりできますから子供も喜びますよ。

では、簡単に作れる平面の「チューリップの折り方」を、写真付きでご紹介します。

スポンサードリンク

チューリップ折り紙の平面での折り方!

上記の画像が「チューリップと茎」の完成形になります。

花の茎が付くととても花らしくなって、かわいくなりますね。いくつも花を作って、花束にも出来たりします。

チューリップだけのときよりボリュームが出て、もっと「らしく」なりますし、平面で出来るので壁飾りや画用紙などにも貼って飾れます

しかも画用紙にチューリップを貼って、風景などを子供が自由に絵で描き入れても、さらに楽しめますね!


用意するものも、折り紙とのり のみです!またチューリップも、花と茎をのりで貼り付けるだけなので、とても手軽ですよ。


では、「チューリップの花」を折っていきましょう!

茎がある立体のチューリップもどうですか。

【関連記事】

チューリップの簡単な折り方

【1】黒線の通りに、三角に折ります。

【2】真ん中に、黒の点線のように折り目を付けます。

【3】折り目を付けたら戻して、黒線の通りに折ります。

【4】チューリップの形になりました。小さい子供さんは、このままでも十分ですね!さらに、折ってチューリップに丸みをつけます。

【5】黒線の通りに、3か所折ります。

【6】チューリップの完成です!


写真ではわかりづらかったという方は、動画でもチェックしてみてくださいね。



春の花を折りませんか。

【関連記事】

スポンサードリンク

簡単に花の茎も子供と作ろう

チューリップに付けられる、花の茎も簡単なので作っていきましょう!上記画像が茎の完成形になりますよ。

この花の茎は、折り紙を2枚使ってつくります。まずは1枚1枚折って、同じものを2つ作り、組み合わせる形です。

使用枚数は多いですが、とってもシンプルで簡単なので、子供でもサクサク折れちゃいます。また、2つのパーツを差し込むことができるので、抜けづらくなり持つことができますから、ちょっとしたプレゼントにも!

実はこのチューリップの花と茎は、母の日に年長の娘が自分1人で作って、プレゼントしてくれたんです。とっても嬉しかったのは、言うまでもありません!

では、茎の折り方を見ていきましょう!

茎の折り方

【1】真ん中に折り目を付け、黒線の通りに折ります。

【2】さらに下の部分も、黒線の通りに折ります。

【3】矢印の方向に、真ん中を折ります。(黒線の通りに)

【4】茎のパーツの1つが完成しました。もう1つ同じ茎のパーツを作ります。

【5】2つの茎のパーツが揃ったら画像のように置き、左のパーツを開きます。右のパーツの裏表を逆にします。

【6】左の開いたパーツの部分に、右のパーツを差し込みます。(矢印の部分に)

【7】左の開いたパーツを元に戻して、茎の完成です!茎と花をのりで貼り付けて(セロテープでも可)、本当の完成になります

チューリップと一緒に「ちょうちょ」や「てんとう虫」も折って飾りませんか。

【関連記事】

まとめ

1 チューリップ折り紙の平面での折り方!
2 チューリップの簡単な折り方
3 簡単に花の茎も子供と作ろう

を見てきました。今回のチューリップは平面での折り方ですが、とっても簡単ですし、子供もあっという間に折れるのでオススメです!

また茎も一緒に作ることでとってもチューリップらしくなり、かわいくなりますね。

通常の折り紙の大きさで折ってもカワイイですが、小さい折り紙でたくさん折っても、楽しめます!

ぜひ、親子で折ってみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする