桜の花の折り紙での簡単な折り方!平面だから春の花の壁面飾りに

桜の花は、春の花の代表格ですね。お花見が待ち遠しい~!

ひな祭りの飾りにも、橘とともに桜があったりしますし。さくらは淡いピンク色や、濃い目のピンク色がものすごく映えて、まさしく春が来たなという感じがしてワクワクしちゃいます!

そんな桜の花を、折り紙で作りたいと思います。平面で作れるので、壁などに貼って春の花の飾りにしても、とってもキレイですよ!

簡単に作れる「桜の花の折り方」を、写真付きでご紹介します。

スポンサードリンク

桜の花の折り紙での簡単な折り方!


上記の画像が、折り紙の「桜の花」の完成形になります。

花びらが5枚になるように折ったあと、ハサミで切り取って形にしていきますが、複雑ではないので簡単にできますよ。

折る順番だけ気を付けるようにすれば、切る形はシンプルなので特に問題ないと思います。

用意するものも、折り紙ハサミのみです!

では、「桜の花」を折っていきましょう!

桜の花の作り方

【1】折り紙を、黒線の通りに三角に折ります。

【2】さらに三角に折って、折り目を付け開きます。

【3】上の角を下まで折り黒の点線位置に折り目を付け、さらに黒線の通りに折ります。

【4】右側を矢印方向に、黒線の通りに折ります。少しやりにくいですが、下は真ん中の折り線に合わせて折ってくださいね。

【5】折った部分をさらに、矢印方向に黒線の通りに折ります。

【6】左側を矢印方向に、黒線の通りに折ります。隙間ができないように折ってください。

【7】折った部分をさらに、矢印方向に黒線の通りに折ります。

【8】左右側ともに、折れたところです。ハサミで切っていきます。

【9】切るときは、赤の点線より下を切るようにしてください。ペンで書いてある部分を切っていきます。

【10】切った下側を開きます。やぶれないように、ゆっくり開いてくださいね。

【11】桜の花の完成です!

写真ではわかりづらかったという方は、動画でもチェックしてみてくださいね。



シーズンが来たら、本物の桜のお花見はいかがですか。

【関連記事】

スポンサードリンク

平面だから春の花の壁面飾りに


桜の花も平面で出来るので、画像のように大小いくつも作り壁などに貼っても、華やかになりますね。春の花らしく、ピンクの花を中心に折ってみました。

大きい桜は、通常の折り紙の大きさで作っています。小さい桜は、折り紙の1/4の正方形にした小さいもので折っているんですね。小さく作るとサクラの花びらのように何個も出来るので、春の花らしくなります。

今回の桜の花は切る位置が少し違うだけで、微妙な形の変化があり1つ1つの桜が違って見えたりして。それもまた雰囲気が出てステキですよ!

たくさんの桜を用意した場合には、画用紙などに貼り付けてから壁に飾るといいかもしれません。

「春の花」の折り紙は、他にもあります!

【関連記事】

まとめ

1 桜の花の折り紙での簡単な折り方!
2 桜の花の作り方
3 平面だから春の花の壁面飾りに

を見てきました。桜の折り方も最初は見返すようですが、慣れれば簡単にあっという間に折れてしまいますから、とっても手軽ですよね!

簡単な割に、ピンクで映えるので娘もすぐに「桜だー!」とわかって喜んだほど。桜をいろんな色で作ってほしいとの要望を受けて作りましたが、配置をいろいろ考えて嬉しそうに画用紙に貼っていました。

壁に飾るのも楽しいので、ぜひ、折ってみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする