イカ飛行機の折り方を長方形で!簡単でシンプルだから子供も喜ぶ

紙飛行機の中でも簡単でシンプルに折れる、イカ飛行機。

形を見れば、名前の由来も一目瞭然です!

見ただけで、「イカだー!」子供が喜んだほど。

また、折る行程数も多くなく難しい部分もほぼないので、お子さんにもオススメですよ。

【関連記事】

イカ飛行機以外にも、よく飛ぶ紙飛行機折り方!

紙飛行機のよく飛ぶ折り方!長方形で簡単だから子供にもおすすめ!

スポンサードリンク

イカ飛行機の折り方を長方形で!

上の画像が、完成形となります。

よく見ると、イカの頭のような形が見えて、全体的にもイカに似ていますよね。

そのため、「イカ飛行機」と言われています。

用意するものも、長方形の紙のみです

いらないチラシなどでも簡単に折れます。

では、紙飛行機を折っていきましょう!

長方形での折り方

【1】長方形の紙を横に置き、赤線に沿って、真ん中に折り目をつけるように折ります。

【2】左側の上下の両端を、真ん中の折り線まで赤線のとおりに折ります。

【3】真ん中まで折れたところです。

裏返します。

【4】裏返したら、両端を真ん中まで赤線のとおりに折ります。

【5】赤い矢印の方向に、裏の三角部分を引き出します。

【6】上の部分を引き出せたところです。

下の部分も、矢印の方向に引き出します。

【7】上下の部分を引き出せたところです。

赤線に沿って、裏側に折ります。

【8】折った部分が、イカの頭のようになりました。

ここまでは順調に折れたと思います。

次に、赤線に沿って真ん中で折ります。

【9】下の部分に上に部分が合うように、赤線に沿って折ります。

【10】反対側も同様に折ります。

【11】両方ともに折れたところです。

【12】羽を広げると、イカ飛行機の完成です!

簡単でシンプルだから子供も喜ぶ

イカ飛行機は、とっても簡単に折れます

なおかつ、シンプルなので折るのも楽チンです。

子供でも折り方を1回見ただけで、見本を見ながら折ることが可能でしたし。

細かい部分を折らずに作れるので、子供がかなり意欲的に折っており、喜んでいました。

実際に飛ばしてみると、飛距離はそれほどではありませんが、滞空時間が長いのです。

普通の一般的な紙飛行機ですと、滞空時間がほとんどなく落ちてしまいますが。

このイカ飛行機は落ちるまでに風に乗っているのが、よくわかりますよ。

おそらく、イカの頭の部分が風を捉えてくれるように思うのです。

紙飛行機の飛ばし方1つで、かなり滞空時間が長くなるので、娘も何度も飛ばしていました。

また大人の身長と、子供の身長の差があっても楽しめました。

紙飛行機のような飛ばすものに関しては、身長が大きく高い位置から飛ばせる大人の方がよく飛ぶ感があります。

子供にとっては、「大人みたいに飛ばせない」との不満感も出やすくなりますが。

今回は身長差があっても、同じように飛ばせば空気を掴むような飛び方をしてくれました。

大人と子供が遊ぶ場合、この不公平感をなるべく無くす方向が、一緒に楽しむコツでもありますね。

まぁ、大人のように出来ない悔しさも、たまにあるとヤル気を引き出す良いスパイスになりますが。(笑)

イカ飛行機は、紙飛行機の滞空時間が長く、子供が満足しやすかったです。

スポンサードリンク

まとめ

1 イカ飛行機の折り方を長方形で!
2 長方形での折り方
3 簡単でシンプルだから子供も喜ぶ

を見てきました。

すごくシンプルで簡単に折れる、イカ飛行機。

扇風機で風をさらに起こして飛ばしたら、面白いほど飛んでとっても楽しかったです。

「風に乗る」という言葉がピッタリ!

特にコツなどもなく、子供でも簡単に飛ぶので子供も喜びます。

ぜひ、飛ばしてみてくださいね!

【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする