太る席とやせる席が存在する?どこに座るかで明暗分かれる研究結果

お店や家のダイニングで座る場合に、太る席と痩せる席があるそうです。

座る場所によって太る、痩せるがあるなんて、とても驚きですよね。

どうやら、食べるときの環境に気を付けるといいようですよ。

林先生の「初耳学」でもとりあげられるようですし、気になりますね!

そんな座る席について、調べて、つづっていきます。

【関連記事】

スポンサードリンク

太る席とやせる席が存在する?

太る席とやせる席が存在します

アメリカで行われた実験研究で、判明しました。

また米国で発売された本「Slim by Design」で、レストランには「太る席」と「痩せる席」があると書かれています。

下記が主な内容です。

  • 窓際や明るい照明の席・・ヘルシーな食べ物が多く注文される
  • 暗い席や個室・・重たい食べ物が多く注文される

  • 入り口近くでおしゃれなカウンターテーブルの席・・サラダを多く頼み、デザートをあまり食べない
  • 入り口から離れた席・・サラダを頼む人が減り、デザートを食べる人は73%も増加

また、

  • テレビの近くの席・・フライを頼む人が多かった
  • ハイトップテーブルに座る人・・サラダを多く注文し、デザートをあまり注文しない傾向

【ハイトップテーブル】

出典:アマゾン

という結果でした。

どこに座るかで明暗分かれる研究結果

研究結果を見てみると、どこに座るかで太る、痩せるの明暗が分かれます

「入口から遠くなるほど、サラダを食べずにデザートを食べる人が増える。」

「暗い席や個室では重たいものを多く注文する」

ということですが、入口から遠くなると入口付近より、明らかに暗くなりますね。

そのため、人目をあまり感じなくなったりしますから、食べたい願望が理性よりも前に出てきてしまうのでしょうか。

たしかに、個室だと他の人の目が気にならず、囲われた空間でホッとできます。

食後のデザートだって頼んだのを知っているのは、店員さんと個室にいる人たちだけですし。

実は、人に見られてるかもしれない緊張感は、ものすごく人間の行動を抑制するものなのかもしれませんね。

また、「ハイトップテーブルに座る人はサラダを注文し、デザートをあまり注文しない傾向」もあります。

周りよりも目線が高くなるイスに座ることで、低いイスよりも周囲が明るくみえます。

そのため、食欲が抑制できるのでしょうか。

知っていると特になるかもしれない、ものすごく興味深い内容です。

この結果を受けて、自宅のダイニングを変えるだけでやせやすい環境にできるかもしれませんね。

痩せやすくするには、自宅のダイニングはどう変える?

床に座って食べるよりも、ある程度、高さのあるダイニングテーブルとイスにしたり

ダイニングの明るさを保ち、テレビは見ない選択をした方がよさそうですね。

照明が暗いすぎる食卓は、食べるものも美味しく見えないでしょうし、満腹感も得にくそうです。

満足感がないと、さらに食べ物に手を伸ばして悪循環になりがち。

そういう、悪い連鎖を止めるには、味はもちろんですが目で見ても楽しめる食卓の環境でしょう。

天気によっては、部屋が暗い日もありますので、照明の付け方などに気を付けるとよさそうですね。

まとめ

1 太る席とやせる席が存在する?
2 どこに座るかで明暗分かれる研究結果
3 痩せやすくするには、自宅のダイニングはどう変える?

を見てきました。

普段、何げなく食べているダイニング。

その環境がとても太る、痩せるに関係していてきちんと研究結果が出ているのですから納得するしかありません。

今後は、外食に行った際にも座る席を、少し気にしてみようと思います。

子連れなので、あまり暗いような雰囲気のあるお店にいくことは少ないのですが、入口から近いところに意識して座るよう心がけますね。

ダイエットは、毎日の小さいことの積み重ねですから、楽しんで実践したいと思います。

【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする