子供シャンプーは無添加がおすすめ!敏感肌でも親子で使えた3選

敏感肌のお子さんは、少しの刺激で肌が荒れたりするので、いろいろ心配ですよね。

毎日のお風呂でのシャンプーにも、何を使えばいいか迷うところですし。もしシャンプーが合わなくて肌が悪化してしまうと、子供本人がかわいそうですから。

そんな敏感肌の子供シャンプーには、無添加がおすすめです!わが家の娘も敏感肌なのでシャンプーも数種類を試してきて、現在のシャンプーで落ち着いてきました。

実際に使用してみたおすすめ無添加シャンプーの感想、なおかつ敏感肌でも親子で使えた3選を。


また、無添加シャンプーと普段使いのシャンプーとの違いも、あわせてつづります。

スポンサードリンク

普段のシャンプーと無添加シャンプーはどこが違う?


違いを結論からいうと、普段使用しているシャンプーのほとんどが、「合成界面活性剤」という添加物が入っており、無添加シャンプーはこのような添加物が入っていないものになります。

わが家の娘は、頭を洗うシャンプーが肌に合わない場合もあったりして、お湯のみで洗っていたこともあるんですね。どうしても大人用のシャンプーだと合うものがなかったので。

だたお湯のみで毎日髪を洗うとなると、汗も多くかく子供は、夏などニオイが気になるときもあったりして。なので、この先ずっとお湯のみで洗うのは、正直厳しいと感じていたんです。

そうしているうちに、娘の肌に合わない普段使用している市販のシャンプーは、「合成界面活性剤」が入っているものが多いことがわかりました。

どうやら、この「合成界面活性剤」が入っているものが、娘の肌に合わないようだと気づいたのです

「合成界面活性剤」とは?


そんな「合成界面活性剤」とは、どのようなものでしょうか?

合成界面活性剤とは、水と油など、本来なら混ざりあわない性質の異なる物質の「界面」にはたらき、二つを馴染ませ、混じりあうことができるように人工的に合成された物質のことです。

この合成界面活性剤は、クレンジング剤や乳液、クリーム、シャンプー、リンス、食器洗い洗剤や洗濯用洗剤、そして農薬にも含まれています。

引用:https://www.hadaemi.com

合成界面活性剤は、洗剤の成分に表記される場合「ラウレス硫酸Na」「ラウリル硫酸Na」という名前で表記されています。

どちらも洗浄力はとても強く、肌表面にある肌の水分を保つための油分を取り過ぎてしまいます。また乾燥させてしまうため、痒みを訴える人が多発しました。

そんな理由から、今では洗いあがりに肌に吸着するような、数種類の保湿成分を併せて使用されています。ですが、ただ洗いあがりの感じを改善しているだけなので、肌や髪にダメージを与えていることには変わりありません。

「合成界面活性剤」を添加し続ける理由とは?

肌を乾燥させてしまうにもかかわらず、なぜ、それでも使用し続けるかというと1番の理由は「価格が安価」だからなんですね。

合成界面活性剤である「ラウレス硫酸Na」の弱点を克服して作られた物質「界面活性剤」は、5倍、10倍の値段になってしまっているものがほとんど。

私たち消費者側も、普段の消耗品であるシャンプーの価格が、5倍、10倍になったとしたら・・。よほどの事情がない限り、買わなくなるのも簡単に想像できます。

そういった背景からも、脱「ラウレス硫酸Na」にするというのは、製造側もなかなか難しい流れがあるようです。

子供のシャンプーは無添加がおすすめ!


子供シャンプーのおすすめが無添加なのですが、ではなぜ、わが家で無添加シャンプーを選ぶようになったのか。それには、こんな「きっかけ」があったのです。

肌のトラブルが多かった娘の身体を洗う際にも、シャンプーと同様にボディーソープが肌に合わなくて、いろいろ試していました。

ですが、肌に合うボディソープが見つからなくて、消去法で、普通の石けんを使用したところ、肌も荒れることもなく使用出来たのです!

子供の肌に良さそうなものが、たくさん添加されているボディソープが合わなくて、シンプルな石けんが合うというのがまず驚きでした。

その経験があり、シャンプーももしかしたら普通のものではなく、せっけんシャンプーが合うのではないか

そんな理由から、無添加の石けんシャンプーを使ってみようと、試してみたのでした。

無添加シャンプーはいつから使用した?

わが家で無添加シャンプーを使用し始めたのは、いつからかというと、子供が2歳のころです。

それまでは娘の肌に合っていたこともあり、身体を全身洗えるベビーシャンプーで洗っていたんですよね。肌が弱いと、身体に直接使うものは極力変えたくないという気持ちにもなっていましたし。

ただ、娘の髪が長くなってくるにしたがって、髪のパサパサが気になるようになってしまい、結局、大人と同じシャンプーを使うしかないかなーと感じていたのも事実です。

でも、2歳の子供に大人用のシャンプーは安全なのか?大丈夫なのか?と不安もありましたし。実際になかなか肌に合うものがなくて、困ってもいました。

しかも親側の都合ですが、子供と親が別々のシャンプーを使っているとシャンプーボトルも増え、お風呂場を占領してしまう事態に。

さらに「どのシャンプーが無くなりそうで買い足さなきゃ」のような日々の在庫管理のわずらわしさも出てきたりして、つらいところ。

そんなこんなで、子供のシャンプーを親用のシャンプーに合わせるのではなくて、「親の方が子供用のシャンプーに合わせればいいんだ!」と気づきました。

なので、子供の肌に合うものでかつ、親子で使用できるものを探そうと思い立ちました。

お風呂で毎日体を拭くのに肌に優しいタオル、「魔法のタオル」があるのをご存知ですか。今、話題沸騰中!

【関連記事】

敏感肌でも親子で使えた3選


敏感肌の子供でも使えて、親も合わせて使える。なおかつシャンプーボトルが少なくてお風呂場もスッキリの、無添加シャンプー3選をご紹介します。

また、わが家ではパパも一緒に使用しているので、家族でも使えるシャンプーになります。

一般的に、「石けんシャンプー」は赤ちゃん用のものが見つけやすいと思いますが、大人が使うと洗ってる感じがあまりしなかったり。また妙にしっとり感が増してしまったりで、親子で使えないなと感じることが多かったんですよね、。

そのため赤ちゃん専用ではないもので、なおかつ親子で使用出来た「せっけんシャンプー」は下記になります。それぞれの使用感もつづっています。

【ミヨシ】無添加 せっけんシャンプー 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ミヨシ】 無添加 せっけんシャンプー 350ml
価格:648円(税込、送料別) (2018/7/27時点)

使った感じは、「ザ・せっけん」のような洗いあがりのシャンプーですね。洗った後は、さっぱりします。

通常のシャンプーのように、シャンプーを流した後の肌がぬるっともしないので、私自身も、肌トラブルが少なくなりました

ただ、こちらは、石けんに使用感が近く、親の髪がキシキシするのが気になってしまって。

しかも泡タイプではなく液体タイプなので、子供に使用するのに泡立ててからが使うというところが面倒に感じて、下記の泡タイプを使うことにしました。

サラヤ アラウ 泡せっけんシャンプー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サラヤ アラウ 泡せっけんシャンプー 500ml arau. saraya
価格:515円(税込、送料別) (2018/7/27時点)

おなじみのピンクのボトルです。娘の赤ちゃん時代は、アラウシリーズのベビーシャンプーを使用していていました。

ベビーシャンプーも特に肌も問題なく、過ごせていたんですよね。なので、こちらのアラウ 泡せっけんシャンプー も泡タイプですし、使用しました。

親の方も、髪のキシキシ感も気にならずでよかったです。ただ1年ほど使用した後、娘の肌に合わなくなってしまったので、他に使えるものを探し下記を使用しました。

パックスナチュロン シャンプー

現在、親子で使用しているシャンプーです。泡タイプで子供の髪も洗いやすく、せっけんシャンプーなのに、キシキシ感が少ないです

他のものに比べると、髪のボリュームが出る気がします。もう何年も使っていますが、娘も問題ないので、1番使用歴が長いシャンプーになりました。

ただ、他のせっけんシャンプーに比べると、香りがほとんど感じられないため、女性でも好き嫌いが分かれそうですね。

子供はどちらかというと、香りが無い方が好みだったりするので、こちらのシャンプーで落ち着いています。

敏感肌だと、「肌に塗る保湿剤」や「肌荒れ対策」が気になりませんか。

【関連記事】

まとめ

1 普段のシャンプーと無添加シャンプーはどこが違う?
2 子供のシャンプーは無添加がおすすめ!
3 敏感肌でも親子で使えた3選

を見てきました。無添加シャンプーは、子供に安心して使用できますし、娘の肌トラブルもグッと減りました。しかも、親子で使えるので、実際にお風呂場がスッキリきれいになって、嬉しい限り!

シャンプーの紹介だけだったので、ここで、「リンス」は?と思っている方もいらっしゃると思います。実は、わが家は、リンスを使用していません。

その理由は、シャンプーだけで特に不都合がなかったからなんですね。

石けんシャンプーを使用すると多くの方が気になる髪のキシキシですが、どの石けんシャンプーと同系のリンスを使用しても、何となくキシキシしてましたし。(笑)

ただ、使用し続けていると慣れてくるのか、シャンプーだけでもキシキシ感が減ってきて、髪にボリュームが出るようになったんです。アラフォーの私の目下の悩みは、髪がペチャンとしてしまうこと。

石けんシャンプーのみでリンスも使わないことで、その悩みが改善されたのでした。しかも子供の髪を洗うのもリンスをすると大変ですし、アクションを1つにするためにも、リンスはやめてしまったんですね

ということもあり、今回は、リンスはご紹介していません。

使用感は個人差がありますし、もちろんお子さんによって合う合わないがあります。新しい無添加シャンプーをお試しの際には、様子を見ながらがおすすめです。
少しずつ使用するのが安心ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする