乳歯ケース(入れ)はプラスチックや100均も!必要で購入すべき?

年長の娘の歯が抜けそうで、本人もグラグラの歯をとても気にしています。

歯が抜けた後のことを、娘と相談したら、「歯を取っておきたい」とのこと。

何でも記念になるものは、何でも残しておきたい気質の娘らしい返答で、どう保存するか考えました。

いろいろ探してみると、『乳歯ケース(乳歯入れ)』という物が販売されているんですね。

アイテムなども調べましたので、つづります。

また『乳歯ケース(入れ)』って必要なアイテムで購入した方がいいのかも、考察してつづります。

スポンサードリンク

乳歯ケース(入れ)は必要で購入すべき?

乳歯ケース(入れ)は必要なのか?ですが、最近の傾向だと購入を考える方が多いように思います

せっかく保存しておくのだから、大人になった子供に見せたいなど思い出になりそうということで、専用の入れ物を用意したい意向を強く感じます。

欧米では、抜けた乳歯を記念に保存しておくのが習慣とのこと。

その歯を枕もとに置いて寝ると、妖精がプレゼントと引き換えてくれる言い伝えがあるらしいのです。

そんな背景もあり、日本も歯のことについて欧米化になりつつあると言えそうです。

そのため、名入れなどが出来る少し値が張るものを購入している人もいますね。

また周りの人に聞いてみると、乳歯ケースでなくてもお菓子の空いた後の缶とか、木の箱などで代用している場合もありました。

ただ「抜けた乳歯は捨てたよ」というお友達はいなかったですね。

抜けた歯をどうするかは、ご家庭によって違いが大きいと思います。

抜けた歯の持ち主であるお子さんの意向も含め、相談して決めるのがベストではないでしょうか。

昔は抜けた乳歯はどうしていた?

アラフォーの私の子供時代には、抜けた乳歯を取っておくという習慣はありませんでした

「外で投げてしまう」というのが、一般的だったのではないでしょうか。

そうすると、「丈夫な永久歯が生えてくるよ」と言われていました。

たとえば・・

抜けた歯が上の歯の場合には、家の2階のベランダから下に向かって投げる。

抜けた歯が下の歯の場合には、外で、屋根に向かって投げる。

などです。

周りの人もみんな同じようにしていたので、自分の乳歯を取っておいて保存している人はかなり少数派なはず。

時代は変わり、娘が抜けた乳歯を取っておきたいと希望しました。

「昔は、屋根に投げると丈夫な歯が生えてくると言われていたよ。」と話しても、娘には全く響きませんでしたし。

そこで、保存をしておける乳歯入れを探すことにしました。

スポンサードリンク

乳歯ケース(入れ)はプラスチックや100均も!

乳歯ケースは、現在ではプラスチックや100均など価格が安いものもあり、種類も豊富なんですよね。

素材、価格、仕様などは下記のように多岐にわたります。

  • 素材・・主に2種類でプラスチックと、木製のもの。
  • 価格・・100~1000円くらいのものと、2000円~以上するもの(モノによって名入れが出来たり)
  • 仕様・・1つもので全部の歯をまとめて入れる物と、抜けた場所の歯が収納でき、抜けた日も記入できる

乳歯ケース(入れ)のおすすめ

乳歯ケース(入れ)を探していて、よさそうなものをご紹介します。

また、100均の乳歯入れは、お店のベビー用品あたりに置いてあることが多いそうなのでぜひ、覗いてみて下さい!

では、価格の低い順から6選はこちらです。

(価格は、2018年8月20日現在の表示価格となっています。)

キンダーシュピール 乳歯入れ

価格:512円(税込)

かわいいキャラクターなので、子供が喜びそうですね!

フタの部分にシリコンパッキンが付いています。

ダッドウェイ Solby プチたまて歯庫 だいじにねんね

価格:920円(税込)

桐の箱で大事の保管できますよ!

乳歯のお部屋2

価格:1080円(税込)

お口と同じ作りなので、抜けた歯の場所に収納できます。

抜けた日などの日付も記入できます。

本体がプラスチックなので、全体にデコしている方も!

実木材料 乳歯ケース

価格:1500円(税込)

高級松材を使用しています。

抜けた日付が記入できます。

男の子用、女の子用にわかれています。

Solby ソルビー たまて歯庫/星のたまて歯庫

価格:2052円(税込)

桐なので軽く保管も安心。

大小の歯が入れられ、日付も記入できます。

総桐製 乳歯ケース

価格:2160円(税込)

総桐製で、名入れが出来るので、自分だけのオリジナルが完成!

そのままはダメ!歯の保存方法

乳歯を保管する場合はそのままでは歯が変色したり、最悪カビが生えたりするのできちんと洗浄することが大事です。

なぜなら乳歯は特に、血液やタンパク質などが多く付着しているからとのこと。

そんな歯の洗浄方法は、大きく分けて2つあるそうです。

  • 煮沸・・滅菌はできますが、歯の色は白くできません。
  • オキシドール・・殺菌ができ、歯のタンパク質を取り除き歯を白くできます。

では、それぞれの方法を見ていきましょう。

煮沸

こちらは、沸騰のお湯に10分ほど放置するやり方。

ただ煮沸は、あくまで滅菌になります。

タンパク質は落ちないので、歯の色は白くならず、そのままの色になります。

オキシドール

オキシドールを入れたペットボトルのフタなどに、乳歯全体を浸します。

一晩おいて、水洗いし乾燥させます。

オキシドールは、家庭の救急箱に入っていることも多く浸すだけなので、手軽ですよね。

歯も白くできるのでしたら、オキシドールで挑戦してみようかと思います。

まとめ

1 乳歯ケース(入れ)は必要で購入すべき?
2 昔は抜けた乳歯はどうしていた?
3 乳歯ケース(入れ)はプラスチックや100均も!
4 乳歯ケース(入れ)のおすすめ
5 そのままはダメ!歯の保存方法

を見てきました。

子供の成長の証になる乳歯。

大きくなった子供も喜んで懐かしむのでしょうか。

今からとても楽しみです!

【関連記事』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする