神経衰弱のトランプの効果は?やり方や子供の記憶力を引き出す理由

「神経衰弱」はよくやるトランプゲームの1つではないでしょうか。

比較的簡単ですから、子供から大人まで楽しめておすすめのトランプゲームでもあります。

そんな神経衰弱が、林先生の『初耳学』で「親と神経衰弱をする子が東大合格する」という説でとりあげられますね。

気になったので、神経衰弱の基本的なやり方や、効果など子供の記憶力を引き出す理由もつづります。

スポンサードリンク

神経衰弱のやり方


まずは、トランプゲームの神経衰弱の遊び方を見ていきましょう。

もしかしたら、住んでいる地域によって多少の違いや特別ルールなどもありそうですね。そういうルールの違いを話し合うのも、また楽しいです。

ご紹介するのは基本的なルールなので、お子さんとやる場合などは、ご家庭で少しアレンジしてもいいですよね

その昔やったよなーという方は、手順を見ながら思い出してみてくださいね!

お子さんが小さくて数字が読めない場合・・絵柄が描かれているそれぞれのマークのJ・Q・K(11・12・13)の12枚を使用し、全体の枚数を少なくしての方法も。また絵だけでペアになる(神経衰弱ができる)カードも、販売されているようですよ。(下記を参照)

子供は遊びでやっていると、数字やマークなどを親が驚くほどすぐに覚えてしまうこともありますね。

説明よりも、トランプをやらせてみるという実践的な方が分かりやすかったようで、わが子的にはよかったです。

神経衰弱の遊び方

【遊ぶ人数】

2~8人

【使用カード】

52枚(ジョーカーを除く)

【説明】

自分の記憶力をフルに駆使して、勝負を決めるゲームです。

【ルール】

裏向きになったトランプ52枚を、順番に1人2枚ずつめくり、その2枚が同じ数字の場合に手に入れられます。

この場合、トランプのマーク、色は関係ありません。めくるトランプが無くなった時点で、一番多い枚数を持っている人が勝ちとなります。

【手順】

  1. 52枚のカードを、他のカードと重ならないように裏向きに並べます。
  2. 順番(じゃんけんなどで)を決め、勝った人を基準に時計回りに始めます。
  3. 順番にカードを2枚ずつめくり2枚とも違う数字の場合、番号を記憶しめくった2枚とも裏向きに戻し次の番の人に移ります。
  4. めくった2枚が同じ数字の場合、その2枚を手に入れます。
  5. めくった2枚が同じ数字の場合は、さらにそのプレーヤーは2枚のカードをめくることができます。
  6. めくった2枚のカードが同じ数字で続く場合は、 そのプレーヤーの順番が続くことになります。
  7. めくるカードが無くなり次第、ゲーム終了です。
  8. 最多カード数を手に入れたプレーヤーの勝ちとなります。

神経衰弱のトランプの効果は?


トランプの「神経衰弱」での効果はどんなところにあるのでしょうか。

結論からいいますと、記憶力や集中力、忍耐力を養う効果が見込めます

神経衰弱のゲームの内容として、めくったカードの位置や数を記憶する必要がありますよね。記憶する時に「目で見たものを写真で撮ったように記憶する力」が知らずのうちに発揮されていたりします。

その記憶の仕方は、右脳が働く役割が強く、感性や感覚を刺激してくれるんですね。目で見た情報を右脳に伝え、記憶として残していて、脳内の海馬が刺激されて、短期的な記憶力が強くなりますし。

1人1人がめくるトランプを見続ける集中力や、負けていてもコツコツとこなしていく忍耐力も養われます。

実際にわが子とゲームをすると、1回目より2回目。2回目より3回目と回数を重ねていったときの記憶力の引き出され方が、大人の比ではないことが実感できますよ。

5歳の娘ですが、親の私の方が何度も負けているほどの記憶力。それも、回数を重ねるごとにどんどん強くなっているので、神経衰弱で記憶力が身についているのがよくわかります。

子供の記憶力を引き出す理由


子供の記憶力を引き出す理由は、神経衰弱で脳内の海馬が刺激されるからなんですね

大脳にある海馬という器官は、記憶力をつかさどっています。認知症になったお年寄りの脳を見てみると、海馬が小さくなっていることがわかるそうです。

そのため、海馬と記憶の関係は密接で、海馬を刺激すれば記憶力が向上するともいわれています。その記憶力こそが勝敗を左右する要因になるのですから、勝ちたい為に必死で覚えるというのも、また脳への刺激になるのでしょうね。

その必死さもまた、記憶力を引き出すのに一役かっているという良い循環なはずです。

強制的に教育をしなくてもトランプで楽しみながら、脳への刺激が出来る・・ひょっとしたら成績が上がるかもしれませんよ。(笑)

こんな方法でも子供の成績が上がった!

【関連記事】

「ハーバード大学を首席で卒業した天才」を育てたお母さんの教育法とは?

【関連記事】

まとめ

1 神経衰弱のやり方
2 神経衰弱のトランプの効果は?
3 子供の記憶力を引き出す理由

を見てきました。

わが家は4歳くらいから始めましたが、あまりルールなどを教えなくても、何となく出来てしまうゲームでした。

めくったトランプ2枚の数字が合っているか、合っていないかだけの単純明快なゲーム。

小さい子には、わかりやすいのかもしれませんね。

今回、神経衰弱の効果がわかったので、夏休みの間、出来る限り家族でやってみようと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする