今井奈緒美(サブウェイ)が金格バーグ開発!格之進との究極コラボ

今井奈緒美(いまいなおみ)さんという女性がいます。サンドイッチで有名な「SUB WAY(サブウェイ)」で新商品を開発してる方なんですね。

商品の開発は、表の店舗などには立たずかなり裏方の仕事を担っていますが、未来の売れ行きを握っているとても重要な仕事です。そんな今井さんが名店とコラボしてハンバーグサンドを開発。

番組「ガイヤの夜明け」でも取り上げられますね。販売するサブウェイについて、格之進との究極コラボした、金格バーグについてもつづっていきます。

スポンサードリンク

今井奈緒美(サブウェイ)が金格バーグ開発!


出典:www.tv-tokyo.co.jp

今井奈緒美さんとは、サブウェイの新商品開発を手掛ける女性です。驚くことに新商品開発を、今井さん1人で行っているんですね。

『サブウェイ』といえばアメリカに本社を置くファストフードチェーンで、サンドイッチをメインに扱っています。長いパンに、たっぷりの具材を挟むスタイルでおなじみですよね。

サブウェイが日本にやってきたのは、1991年で、開店当時は、アメリカと全く同じメニューで営業。ですが、パンにチーズを挟み、味付けはお酢とオイルのみのシンプルなアメリカのメニューでは日本人の口にはあまり合わなかったのですね。そのためパン生地を改良したり、日本オリジナルのメニューを作るなどの工夫をして現在に至ります。

現在、店舗数は全国に313店もあり世界では4万4000店舗以上というから、外食業界では店舗数は世界一を誇ります。またパンは店舗ごとで焼き上げているこだわりぶりが、おいしさの理由でもあるでしょう。そんなサブウェイが「金格バーグ」を開発、発売します。

格之進との究極コラボ

出典:https://www.subway.co.jp

「金格バーグ」は、『サブウェイ』と牛肉の名店『格之進』による究極のコラボレーションで生み出されました。この『格之進』とは、肉通の人であれば知っているお肉の専門店のこと。岩手県のブランド肉・門崎熟成肉を取扱う株式会社門崎の牛肉の名店です。

そんな『格之進』の人気メニューである「金格ハンバーグ」を使用したサンドイッチが、今回サブウェイで販売されるんですね。「金格バーグ」、「金格DX(デラックス)」というメニューで、2018年11月30日(金)〜2019年1月8日(火)の期間限定になります。

また、11月30日(金)に先駆けて、2018年11月1日(木)〜7日(水)の1週間という限定で先行販売されますので、早く食べたい方はぜひお見逃しなく!

金格バーグ


出典:https://www.subway.co.jp

金格DX(デラックス)


出典:https://www.subway.co.jp

「金格バーグ」「金格DX(デラックス)」共に、肉通の人たちの間で圧倒的な支持を得る『格之進』にとって飲食業界初のコラボ商品!美味しさや安全・安心を追求するサブウェイと同調したきっかけで実現されました。

また『サブウェイ』は『格之進』こだわりの看板メニュー「金格ハンバーグ」の美味しさを最大限に引き出すための工夫をしています。新たに開発した「すりおろし野菜の特製和風ソース(柚子胡椒入り)」と「オニオンセサミペッパーブレッド」がその内容です。

すりおろし野菜の和風ソースなんて、日本人の味覚を満足させてくれそうですね。しかも『格之進』の飲食業界初コラボの品になるので、名店の味をサブウェイで手軽に味わえるところも、魅力の1つです。あ~!食べたくなってきました!

サブウェイのその他のメニューも見たい!下記からご確認ください。
サブウェイ公式サイト

【関連記事】

『サブウェイ』の名前の由来


出典:https://www.subway.co.jp

実は、店舗の名前『サブウェイ』って「地下鉄」の意味ではなかったのですが、知っていましたか?私はてっきり「地下鉄」だと思っていたので、本来の意味を知りませんでした。 

由来は、2語を組み合わせた造語になります。長い楕円形の潜水型サンドイッチ「SUBMARINE SANDWITH(サブマリン サンドイッチ)」の「SUB(サブ)」と。あなたのお好みでお作りしますよの「YOUR WAY(ユア ウェイ)」の「WAY(ウェイ)」の2語で、「SUB WAY(サブウェイ)」です。

どのくらい世間で浸透しているか不明ですが、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。かなり驚きですよね!

まとめ

  1. 今井奈緒美(サブウェイ)が金格バーグ開発!
  2. 格之進との究極コラボ
  3. 『サブウェイ』の名前の由来

を見てきました。お肉のおいしさを引き立たせるソースなども専用に開発されているので、一度は食べてみたい!販売開始までしばし待ちましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする