子供が寝てくれないと困る!普段から心掛けている3つのこと


夜、早く子供を寝かせたいのに、なかなか寝てくれない・・・まだ家事も終わってないし、片付けないといけないことはたくさんあるのに、布団に入った子供が全く寝る気配がないと、ドッと疲れてしまいますよね。

布団に入ってからすぐに寝るときと、寝ないときの違いをわが家の娘で観察してみました。実践して成果が出たものをつづります。

スポンサーリンク

寝る前にテレビやインターネットは見せない


寝る前にテレビやインターネットを見せないのは、刺激が少なくて目が冴えないからなのか、かなりの効果がありました。ただお風呂に早く入ったりしたときはけっこう難しく、どうしてもテレビなどを見てしまいますよね。そういうときは、寝る時間の1時間くらい前から見せないようにすると、寝つきがよくなるようでした。

寝る前に騒がせない


寝る前に騒がせないというのも、これまたけっこう大変なことなのですが、キャッキャッと騒ぐような遊びや、それこそ、追いかけっこのようなハードな遊びをすると、興奮が冷めないため、全く寝てくれませんでした。
しかも、この状態が顕著なのが、主人が早く帰ってきて、家にいると、娘との遊びが始まってしまうという、ほほえましいですが、とっても悪循環なことになってしまうことが多かったです。

入眠儀式的なものを普段から導入する


入眠儀式というと、すごく大げさに聞こえますが、簡単にいうと、眠りにつきやすくするために、毎日寝る前に必ず行う動作を決めてしまって、それをしてから寝るということを習慣にしてしまおうということです。

わが家では、小さいころから寝る前に絵本を読んでいたので、毎日の習慣になっていました。これを意識して、入眠の儀式に置き換えてみると、絵本を読まないときは寝つきが悪く、絵本を何冊が読むと、寝つきがすごくよくなりました。長い間の習慣になっているからか、読んでる最中に寝てしまうことも、たびたびあります。娘的にも、スーと寝れるようで、今では、自分から絵本を持ってくるようになりました。

また、お友達の入眠儀式を聞いたところ、ある子は、神様にお祈りをするということでした。本人もとっても落ち着くそうですよ。これが一番いいということではなく、お子さんが抵抗なくやり続けられそうなものを選ぶのがいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

      寝る前にテレビやインターネットは見せない
      寝る前に騒がせない
      入眠儀式的なものを普段から導入する

を見てきました。毎日のことなのでとても難しいと思いますが、コツコツと習慣にするために積み重ねていくと、スーと寝てくれることが増えてきました。毎日同じ時間に、ご飯を食べ、お風呂に入り、寝るというルーティンを確立すると、一番いいと思うのですが、いろんな予定や、お出かけなどもあると、厳しいときもあります。まずは気負い過ぎず、楽しんで取り組みたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする