ホワイトデーにマシュマロの意味って本命にはダメ?渡したい時の工夫

ホワイトデーの3月14日には、マシュマロをお返ししようかと思った方!

渡すお菓子にそれぞれ、意味が込められているそうなんです。その中でもマシュマロは、どうやら本命にはダメな意味があるとか。

ただ調べていくうちにマシュマロを贈る本当の意味が正反対で、そもそも「本命にお返しするためのマシュマロ」ということで発売されたことがわかりました。

しかも、彼女がマシュマロが好きだったら、お返しに渡したいですよね。ただ、一般的なマシュマロのお返しはよくない意味ととらえられている・・

そんな「マシュマロをぜひ本命の彼女に渡したいときの工夫」や「マシュマロを贈る本当の意味」をご紹介します。

スポンサードリンク

ホワイトデーにマシュマロの意味って本命にはダメ?

マシュマロ,意味,本命,ダメ

マシュマロを贈る意味を調べると、下記のような意味があります。

【相手のことを嫌っている】

その理由ですが、マシュマロは口に入れた瞬間に溶けてなくなってしまい、サっと口からなくなってしまいます。

そのため、「長続きしない」「長続きさせたくない」の意味になるそうで。「マシュマロは本命には渡さない方がいい」と言われている内容もありました。

言われてみれば、あのマシュマロの「スッと溶けていく感じ」はあっという間なので、食べた時の様子を表している意味なるんですね。

そんな様子から、おそらく「本命の彼女にはダメ」という意味が多分に含まれているのでしょう。

マシュマロを贈る本当の意味


実は、マシュマロの意味を調べているうちに、本当は「相手のことを嫌っている」とは正反対の意味があることが分かりました

本当は、「あなたからもらったチョコレートを、僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ。」という気持ちを込めてマシュマロのお返しが誕生したんです。

え!? どういうこと? 

マシュマロを贈ることが、とってもいい意味になっていますよね。

それには、ホワイトデーの始まりが関係しているんです。順を追って見ていきましょう。

ホワイトデーの始まりはお菓子屋さん

ホワイトデーの始まりは、「石村萬盛堂」というお菓子屋さんが誕生させたとのこと。

その「石村萬盛堂」は、明治から続く老舗で、マシュマロに白あんを包んだお菓子「鶴乃子(つるのこ)」が有名なんですね。

「石村萬盛堂」の社長が、バレンタインにチョコをあげた女の子たちが「チョコをあげるだけなんて不公平、せめてマシュマロでも」という声を掲載した雑誌を見て、考えました。

「鶴乃子」のマシュマロに白あんの代わりに、チョコを包んだお菓子を作り、お返しに女性に贈ろうと「マシュマロデー」という日を3月14日に定めました。

何年かののち「マシュマロデー」は、マシュマロの白色から「ホワイトデー」に変わり、現在に至ります。

このことからも分かるように、本来は「マシュマロをお返しにしよう!」というコンセプトで誕生したホワイトデーだったのですね。

ホワイトデーのマシュマロは本命の彼女にも!

上記の理由から、バレンタインのお返しとしての「ホワイトデーのマシュマロの本当の意味」は・・

「バレンタインにキミからもらったチョコレートを、僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ。」になるんですね

下記の引用は、「ホワイトデー ~はじまりは石村萬盛堂~」の一部を引用させていただきました。本来の意味が分かりますよ。

「バレンタインにキミからもらったチョコレートを、

僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ。」

1978年、「ホワイトデー」は石村萬盛堂から始まりました。

「いただいた気持ちにはお返しをする。」

古くから伝わるこの習慣をもとに、贈り合う気持ちを大事にしたいと

ホワイトデーは今から40年前に誕生しました。

引用:http://www.ishimura.co.jp

「いただいた気持ちにはお返しをする。」

そういう大事な意味を込めたお菓子、マシュマロの本来の意味がわかったので、本命の彼女にお返しをしても大丈夫そう!

しかも40年前というと、私とほぼ同い年なんですね、う~ん、感慨深い!

なぜ、本来の意味とは逆で伝わってしまった?


なぜ、本来の意味とは違い、マイナスなイメージで伝わってしまったのか。

おそらく、「君の気持ちを包んでお返しする」という内容が、「君の気持ちには答えられないから、そのまま包んで返す」という意味にとられてしまった可能性が。

そんな内容がありました。

2016年3月12日の西日本新聞朝刊にある広告が掲載されました。広告主は、福岡・博多の老舗和菓子店「石村萬盛堂」。

そうです、ホワイトデーを誕生させた「石村萬盛堂」です。

本来の意味とは違っていってしまっているマシュマロの意味を正したいとのことで、反論の意で掲載しました。「嫌だなあ。3月14日に『嫌い』なんて。」と題した広告は、下記になります。

「ホワイトデー」でネット検索してみると、思わぬ情報にヒットする。

お返しの定番「マシュマロ」には、「あなたが嫌い」という意味がある。と、いうものだ。

斬新すぎる。

バレンタインにもらったチョコレートを、僕のやさしさ、つまりマシュマロで包んで返すよ。という意味を込めて、世に送り出されたはずのホワイトデーが、顔も知らない誰かに、真逆の意味で紹介されている。

どうやら「君の気持ちには応えられないから、やさしさで包んで、そのままお返しするよ」と、解釈されているらしい。

嫌いな相手に、嫌いだと伝えるための贈り物が存在する世界など嫌だ。

どんな好意も、悪意になり得るネットの世界は、かくも真意がブレやすい。

ホワイトデーに限らず、遠くの見知らぬ人に振り回されるより、どうか目の前の人と、日々笑顔でお過ごしくださいませ。

38年前、石村萬盛堂で生まれたホワイトデーが、今年も心と心をやわらかく包み込みますように。

たしかに、「嫌いな人に、わざわざ不快になるようなプレゼントをするだろうか」と考えると、嫌いな人にそんな労力をはかけないですよね。

なぜなら、「誰かに何かを渡す」ってどんな気持ちにしろ、相手のことを考えてないとできませんし。ましてやお金を払って渡すなんて、嫌いな人にはしないと思うのです。

そう思うとやはりマシュマロを贈る意味は、いい意味の内容なのですね!なんか、全部の流れがわかってホッとしちゃいました。

では本当の意味が分かったところで、マシュマロが大好きな彼女に贈るために、気持ちを誤解されないための工夫をご紹介します!

スポンサードリンク

マシュマロを渡したい時の工夫


マシュマロを渡す意味をもし彼女がなんとなく知っていた場合、マイナスな意味にならないように下記の工夫をしてみましょう。詳細もつづります。

  • マシュマロの本当の意味を伝える。
  • マシュマロとその他のお菓子(またはプレゼント)を渡す。

マシュマロの本当の意味を伝える

彼女にマシュマロを贈るときに、上記でつづってきた「マシュマロの本当の意味」を解説してみてはどうでしょう

一緒にサイトを携帯で見てもいいですし、手紙などで「本当の意味はこうだったよ」と伝えるのもアリですよね!

もし彼女が、マシュマロもらうのをマイナスの意味でとらえている場合は、本来の意味を伝えて誤解を解く必要がありますから!

「プラスのいい意味でのお菓子だよ」とわかってもらえれば、安心ですよね。

手紙でしたら、ハートのメッセージカードはいかがですか。

【関連記事】

マシュマロとその他のお菓子(またはプレゼント)を渡す

マシュマロはわき役にして、主役のお菓子(マカロンやキャンディ)を一緒に渡すという選択肢も。

主役のお菓子の代わりに、指輪やネックレスの貴金属、手袋やバックなどのプレゼントでも、いいかもしれません!

ただ、複数購入するため値段が高くなる可能性があるので、予算オーバーにならないように主役アイテムを選んでくださいね!

女子の私としては、やはり「プレゼントと一緒にもらう」が素直に嬉しいです。(笑)

マカロンやキャンディの意味は?

【関連記事】

まとめ

1 ホワイトデーにマシュマロの意味って本命にはダメ?
2 マシュマロを贈る本当の意味
3 なぜ、本来の意味とは逆で伝わってしまった?
4 マシュマロを渡したい時の工夫

を見てきました。ホワイトデーにマシュマロを贈る本当の意味は、本命の彼女にもあげられるものでしたね。

ホワイトデーができたのが福岡のお菓子屋さんが発祥でしたし、本来の意味はチョコをもらった気持ちを大切にするものでした。

またお菓子屋の社長が女の子たちの声を拾ったところに、感激しました。そうやって、いろんなアンテナを張り巡らせておくと大きなビジネスチャンスがつかめるんですね。

マシュマロ好きな彼女には、ぜひ、本当の意味をレクチャーください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする