ホワイトデー飴をあげる意味は?お返しキャンディの味でおすすめは?

ホワイトデー

ホワイトデーには、男性から女性への「お返し」がつきものですね。
 

「お返し」の中でも「飴(キャンディ)」が定番になっており、一般的になっています。
 

飴ってあまり好き嫌いなく食べられてますし、「甘い味が女子に受け入れられる要素高し」ではないでしょうか。
 

そんな「飴」には「お返し」として渡す際に、込められる意味があり、さらに飴の味の種類によってもそれぞれ意味があるので、あわせてつづっていきます。
 

また、お返しのキャンディ味でおすすめをご紹介していきますよ!
 

スポンサードリンク

ホワイトデーに飴をあげる意味は?

ホワイトデー,飴,意味
 

ホワイトデーに飴(キャンディー)をあげるのは「本命」という意味があるんですね。

渡すお菓子の中でも飴は、あなたが好きという意味が込められています。
 

なぜなのかというと、飴であるキャンディは、口に入れると長く含んでいられるということが由来となっているようです。そのため、「ずっと一緒にいたい」の意味があるとのこと。(諸説あり)
 

確かに!
 

キャンディは口に入れると、しばらくは舐めていることになりますから、意外と意味はそのままなのかもしれません!
 

キャンディを渡すことが、「ずっと一緒にいたい」で「本命」という気持ちを表しているなんて、なんだかロマンティックですよね。
 

キャンディは昔からカラフルなものも多くカワイイですし、女の子も喜んで食べるイメージです。私も若いころはよく食べてましたし、周りの友達にもあげて一緒に食べてた記憶が。
 

そのため、目立って「飴が嫌い」という子もいなかったように思いますから、ホワイトデーの「お返し」として飴はオススメですね!
 

実は調べてみたら、そんな「飴」の味にもそれぞれ意味があるようなので、ご紹介します。
 
 

お渡すお菓子によって意味が違う!キャンディ以外のお菓子の選択肢にどうですか?

【関連記事】

 

 

 

スポンサードリンク

お返し定番キャンディの味、それぞれの意味

知ってました?驚いたことに、キャンディの味によってもそれぞれ意味があるんですね。下記を見ていきましょう!
 

  • リンゴ:運命の相手
  •  

  • ブドウ:酔いしれる恋
  •  

  • イチゴ:恋・結婚・子孫繁栄
  •  

  • バナナ:結婚話が舞い込むかも
  •  

  • オレンジ:幸せな花嫁
  •  

  • メロン:デートが盛り上がる可能性が
  •  

  • レモン:真実の愛

 

キャンディまつわる味のそれぞれの意味は、「幸せな花嫁」「運命の相手」など、総合して「良い内容」ばかりが並びました
 

まぁ、味に関してもどれも意味はすごくいい内容になるので、ここで「ホワイトデーに渡す飴の味のおすすめ」を考察してみましょう。
 

お返しキャンディの味でおすすめは?


 

最近は、キャンディの味ひとつとっても、ミルクティー味やショコラ味など種類が豊富ですが・・。
 

お返しキャンディの味のおすすめは、結論からいうと、「渡す相手の好きなフルーツ味が一番」ということに尽きると思います。
 

なぜなら、贈るものや味の意味もとても大事になってきますが、大切な人に贈り物をするという大前提は、「相手のことを想って」だと思うのですね。しかも、今回ご紹介したリンゴやイチゴなどのフルーツ味は、キャンディの味として、「ド定番」なワケですから。
 

さらに「渡す相手の好きな味」を事前に調査が出来なかった、あるいは分からなかった場合にもフルーツ味のキャンディならば、もし相手が万が一食べられない味を贈ってしまっても、相手のご家族は食べられる可能性が高いと思うのです。
 

そのため、フルーツ味でなおかつ、「運命の相手」という意味も込めたいようでしたら、リンゴ味を選ぶという選択肢もアリですね。
 

せっかくいろいろな意味を込めて渡すのですから、手紙にひとこと「こんな意味を込めました」など書いたり、渡すときに口頭で伝えるなどのアクションも大事にしてみてください!
 

本命チョコをあなたに渡した彼女は、そんな「あなたのとっておきの想い」を知って、とっても喜こんでくれるはずですから!(どうか愛が深まりますように!)
 

では、おすすめのキャンディをご紹介します。
 
 

手紙で想いを伝えるのに、ハートのメッセージカードはいかがですか?

【関連記事】

 

お返しの飴のおすすめは?


 

フルーツ味のキャンディで有名なお店から、華やかな見た目のキャンディなどのオススメをご紹介します。
 

プレゼントに重要なラッピングも対応している店舗(1月30日現在)になります。ですが、実施などの詳細は、お店ページにてご確認くださいね。
 

お返し定番の飴のおすすめを、ご覧ください!
 

CAVENDISH & HARVEY(カベンディッシュ&ハーベイ)

 

1977年、ドイツのハンブルグに生まれた「CAVENDISHCHARVEY(カベンディッシュ&ハーベイ)」。

“C&H”の愛称で親しまれている大手菓子メーカーで、キャンディーやチョコレートを世界中に輸出しています。なかでもカラフルなパッケージに入った「CAVENDISHCHARVEY」のキャンディーは、自然な風味を生かし、一粒一粒洗練された個性的な味わいで人々を魅了。

洗練されたフルーティーなキャンディーが世界中から愛されています。また、色とりどりのフルーツキャンディーがたっぷり入った見た目もかわいいガラスジャーは、キッチンや食卓に置いても絵になるような存在感。

持ち歩きに便利なキャンディー缶のシリーズも展開しています。「CAVENDISHCHARVEY」は毎日のおやつに、ちょっとしたプレゼントや手土産にも最適です。

引用:CAVENDISHCHARVEY公式

 

パパブブレ papabubble

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パパブブレ papabubble キャンディーS瓶(小) 選べる2種類
価格:4200円(税込、送料無料) (2019/1/30時点)

 

パパブブレの発祥はバルセロナ。伝統のアメ細工の技術を用いるだけではなく、お客様を楽しませるパフォーマンスを取り入れた、いままでにないアート・キャンディ・ショップでいまや全世界で展開されています。

パパブブレのショップは、まるで小さな劇場。毎日、職人が手作りでキャンディを作っている姿を見ることができます。大きな鍋が出てきたら、キャンディ作りのスタートです。色とりどりの甘い液体がボードの上に流され、職人が豪快に練っていきます。練られたかたまりを細長く伸ばし、太さと色の違うキャンディを重ね合わせて、太い1本の棒にします。この時点ではどんな絵柄になるのか、まだわかりません。太い棒状のキャンディを伸ばし、直径1センチ程度の太さに。最後は、職人の鮮やかな手つきでカットされ、宝石のようなキャンディができ上がります。液体から固体へ、鮮やかな変化を遂げて1粒のキャンディができていくのです。

口の中でほろほろと溶けていく食感や、ほんのり香る上品な甘さは日本人に合わせて、厳密に計算されています。 パパブブレがいちばんこだわっているのが「光沢」です。美しい光沢を出すには、季節や気候の変化に合わせ材料の配合や熱を加える時間などに微妙な変化を加えることが重要。繊細な感覚と丁寧な仕事のたまものが、この宝石のようなキャンディを生み出すのです。

引用:パパブブレ公式

 

キャンディブーケ

 

お花にキャンディを添えた、キャンディブーケ!
 

見るだけでなく、食べて美味しいなんてステキですね。
 

お花のブーケをもらったときのように、「わあ~」と声をあげる彼女が目に浮かびそう!
 

渡した後もしばらくお部屋に飾って置けるので、ずっと自分のことを想っていてほしいあなた向けですよ!
 

銀座千疋屋

 

銀座千疋屋といえば、フルーツ!!
 

そちらのフルーツ味の飴なら間違いないですね!素材の味にこだわって作っていて、風味を大切にした一品。
 

本物志向の、落ち着きのある相手の方にどうでしょうか。

まとめ

1 ホワイトデーに飴をあげる意味は?
2 お返し定番キャンディの味、それぞれの意味
3 お返し定番の飴のおすすめは?
 

を見てきました。飴の意味は、「ずっと一緒にいたい」と思う「本命の相手」に渡すのに、ピッタリでしたね。
 

味にもそれぞれの意味があるのを踏まえて、「だからこそ、あえてこの味を選んだんだ!」と話せるのも、カッコイイと思います。
 

今回はフルーツ味をおすすめしましたが、まず、渡す相手の好みの調査を行ってからご検討ください!(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました