ホットケーキミックス粉の作り方は簡単!子供と一緒に焼いてデコ!

子供はみんな、ホットケーキが大好きですよね。

我が子も例外ではありません!

でも、いざ作ろうと思い立ったときホットケーキミックスを買ってないということも、しばしば。

そんなホットケーキミックス粉は、ベーキングパウダーと、その他はほとんど家にあるもので簡単に作れますよ。

ホットケーキミックス粉の作り方をご紹介します。

また子供と一緒に焼いた、ホットケーキの作り方と、デコレーションもつづります。

スポンサードリンク

ホットケーキミックス粉の作り方は簡単!

ホットケーキミックスは、常備してあるとおやつ作りに便利ですよね。

ホットケーキミックスの在庫が家にないときでも、自分で作る方法があります。

購入しなくても、小麦粉をベースに簡単にホットケーキミックスが作れます

では、ホットケーキミックス粉の材料と作り方を見ていきましょう。

ホットケーキミックス粉の作り方

【材料】

  • 砂糖 30g(20g~、あま目がお好きな方は40gでお好みの量で)
  • 塩 ひとつまみ
  • ベーキングパウダー 10g
  • 片栗粉(またはコーンスターチ)20g
  • 小麦粉 全量が200gになるように調整

【作り方】

ジップロックの袋のような密閉できる袋に、全てを入れてフリフリよく混ぜて出来上がり!

子供と一緒に焼いてデコ!

夏休みの長期休みで、一緒に過ごすのにもネタがなくなってきました。

また、今年は今までにないくらいの猛暑!

連日、外で遊ぶのも親の方がしんどくて・・。

「クーラーの効いた部屋で過ごそう」計画の1つ。

簡単にホットケーキを焼いて、デコレーション!を年長の子供と一緒にやってみました

デコレーションも市販のお菓子、市販の生クリーム(そのまま絞り出せるもの)でとっても手軽です。

手軽なわりに、子供は真剣にデコレーションするので、集中力も養えそうです。

混ぜるところから焼くまでを、親は見守りながら娘が1人でやっています。

5歳でも案外出来てしまうのには、驚きました。

ただ火を扱うので、焼く部分は親だけでおこなうなど、お子さんと相談してみてくださいね!

今回用意したものは、こちら。

用意したもの

【ホットケーキ用】

  • ホットケーキミックス粉
  • 卵1個
  • 牛乳150㏄

【デコレーション用】

  • ポイフル
  • コアラのマーチ(イチゴ味)
  • チョコペン
  • 生クリーム(絞り出し用)

ホットケーキの作り方

【1】ホットケーキミックス粉に、卵1個、牛乳150㏄を加えます。

【2】泡だて器でよくかき混ぜます。

【3】粉っぽさがなくなるまで混ぜます。混ぜすぎに注意してくださいね。(ふくらみが弱くなります。)

フライパンを温めます。

【4】濡らした布巾の上に温まったフライパンを乗せて、混ざった【3】を流し込みます。

【5】弱火で3分ほど焼きます。

表面がプツプツしてきました。

【6】裏返します。

【7】おぉー!いい色に焼けてます。

反対側も、弱火で2分焼いていきます。

【8】焼けたら、お皿へ!

ホットケーキが焼きあがりました。

【関連記事】

ホットケーキ食べたいけど、ホットケーキシロップを常備していない!

大丈夫です、簡単に手作りできますよ。

ホットケーキシロップの代用は簡単に!レンジと材料2つで作れます

ホットケーキをデコレーション!

デコレーションをはじめていきます!

生クリームをきれいに絞り出すことが出来ると、とても嬉しそうです。

ものすごく集中しているので、親が話しかけても答えてくれません。(笑)

まず、第一段階が終了のようです。

チョコペンが思ったほど出てこなくて、あきらめ気味。

(私のチョコペンのあたためが足りなかったようです。。)

チョコペンは、40℃ほどのお湯につけて柔らかくしてください。と書いてありましたが、どうやら、お湯につける時間が短かったよう。

チョコペンを使用の際には、ご注意ください。

気を取り直して、再度、生クリームを多用して挑戦!

見ていない間に、お皿全体にデコレーションできました。

題材は、「学校」とのこと。

コアラちゃんたちの学校を表現して、ちゃんと先生もいる模様です。

では、完成したので、いただきまーす!

まとめ

1 ホットケーキミックス粉の作り方は簡単!
2 子供と一緒に焼いてデコ!
3 ホットケーキの作り方
4 ホットケーキをデコレーション!

を見てきました。

夏休み前に娘と作った時には、混ぜるのも親が手伝いましたし、前回の焼く行程は親が全てやりました。

ですが、今回は親がフォローする部分はありましたが、全部1人で出来ました。

今まで何度もホットケーキを作ってきたので、行程が分かっているのがよかったのかもしれません。

自分で作ったものは美味しく感じますし、夏休みのおやつにいかがでしょうか!

【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする