バーバパパカフェの川崎(ラゾーナ)場所や行き方は?グッズも紹介

「Cafe Barbapapa(カフェ バーバパパ)」のラゾーナ川崎店に、行ってきました!

「人気絵本キャラクター・バーバパパ」をモチーフにしたキャラクターカフェは、越谷イオンレイクタウンに次いでこちらで2店舗目。

ラゾーナのリニューアルを機に、2018年3月20日(火)にすでにオープンしています。

外観から「キャラクターカフェ」とわかるので、子供にとっては気になるお店でしょうね。わが子も紛れもなく、気になっていた1人。

行って食べた料理や、またお店の場所もわかりにくいので、場所やJR川崎駅からの行き方、グッズをご紹介します。

スポンサードリンク

バーバパパカフェの川崎(ラゾーナ)の場所は?


「バーバパパカフェ」の場所は、下記の「フロアガイド」の214になります。

ラゾーナ川崎 2FフロアガイドPDF

お店を正面から見たところです。バーバパパの顔が目立つこと!

「バーバパパカフェ」の場所は、ちょっとわかりずらいところにあるのですが、カフェの直前まで来てしまえば、すぐにわかります。

お店の外のメニューは、こんな感じ!

カラフルなので見てるだけでも楽しいです。お店が混雑していると、このメニューの位置に行列ができていますよ。

では次に、「JR川崎駅からの行き方」をご紹介します。

バーバパパカフェの川崎(ラゾーナ)の行き方


川崎駅の

  • 中央南改札
  • 中央北改札

からの行き方です。最短距離で案内します。

  • 改札から出てラゾーナ方面へ
  • 自動ドアを抜けて、総合案内所を左側にみて前進。(階段とスロープがある方面です)
  • 右手に「WIRED KITCHEN」を抜けると、ビッグカメラの売り場が見え、前進。
  • 正面に「override」という帽子屋さんが見えたら、左折。
  • 前進すると、右手にラゾーナのパーキング(駐車場)に出れる入口が見えます。
  • パーキングへの入口に入ると、すぐにバーバパパのカフェが!

「キャラクターカフェ」だとお子さんと行く場合が多いと思います。子連れだと、「ベビー休憩室」がどこにあるかも知りたい!

【関連記事】

バーバパパカフェ川崎の基本情報


店舗名:Café Barbapapa ラゾーナ川崎プラザ店

ジャンル:カフェ, スイーツ

TEL:044-874-8590

営業時間:10:00~21:00(ラストオーダー 20:30)

予算:¥1,000~¥1,999¥1,000~¥1,999

クレジットカード:可

電子マネー:可

席数:32席

喫煙席:全席禁煙

飲み放題・ドリンクバー:なし

利用シーン:ファミリー向け, 女子会, デート, ともだちと一緒に

サービス:キッズチェア, キッズメニュー, アレルギー表示

外国語対応:英語メニュー

出典:https://mitsui-shopping-park.com

バーバパパカフェの川崎に行ってきました!


席に通されて、一番最初に目に入るテーブルの絵!

とってもかわいくて、娘も大興奮!


席には、こんなクッションもありました!


入って正面の壁の絵に、カワイイを連呼していた娘。


バーバパパのファミリーも。


メニューの最初のページに、ファミリー紹介があります。


ピンクハンバーガープレート、ピンクカレー、まっくろカレー。

おすすめのメニュー。


ピンクシチューはポストカード付。1328円(税込)

ピンクカレーまたは、ピンクシチューが選べますが、カレーはスパイシーなのでお子様向けではないと書いてあり、シチューを選択。

肉ではなく実は、大豆ベースのミートボールです。


大人は、明太子ソースのオムライスプレート。1177円(税込)

上に乗っているオムレツが柔らかくて、とろーり。


テーブルとソファー席。

壁の絵は、生地を伸ばしているところ。この絵もかわいい!


バーバパパのカフェラテ。626円(税込)

注文が入ってから、いれてくれるカフェラテです。本格的な味で、とってもおいしかったです。


カフェラテについてきた、クッキーとコースター。

ポストカード以外にも、コースターをもらえて、テンションが上がったのは娘。


たっぷりバナナのパンケーキ。(今回はメイプル)1285円(税込)

チョコソース、キャラメルソース、メイプルの3種からソースが選べます。

黄色い器は、下にバニラアイス、上にホイップクリーム、カフェラテについてきたクッキーが乗っています。赤の器は、メイプルシロップ。

カフェの様子

訪問した日は平日12時30分ころで、店外にすでに2組ほど並んでいるのを発見。

並んでから、15分くらい待って入ることができました。

入ったときは満席でしたが、40分ほどで席も空いてきて、そのあとは、特に並ぶのを見ることもなかったです。

バーバパパの絵本もあるので、食事が届くまで読んで過ごしました。

お客さんの層は、女性同士、親子、カップル、女性1人という感じ。

親子連れが多い印象なので、お子さんが小さくても大丈夫ですね。

お腹がいっぱいになったら、「ラゾーナ無料の子供向け遊び場・ラズーンパーク」はいかがですか?

【関連記事】

スポンサードリンク

グッズも紹介


お店の入口から入って右側に、グッズがあります。

ボールペンやノート、ファイルなどの文具系。お弁当箱なども充実しています。


ぬいぐるみや、マグカップ。

あとは、スリッパは大人用、子供用あって、かわいいですよ!

ラゾーナにはまだまだお店があります。

【関連記事】

まとめ

1 バーバパパカフェの川崎(ラゾーナ)の場所は?
2 バーバパパカフェの川崎(ラゾーナ)の行き方
3 バーバパパカフェの川崎に行ってきました!
4 グッズも紹介

を見てきました。雰囲気はお店の前からカワイイので、子供も喜びますね。

そのためか、女の子のお子さんの来店が目立ちます。

またカフェラテはおいしかったですが、食事は普通といったところ。

ピンクシチューも、運ばれてきたときは娘が歓声を上げましたが、味的にはシチューを残しましたし。当たり前ですが、雰囲気ありきですよね。

値段的にも、ポストカード込みの値段なんだと思った方がいいかもしれません。

でも、子供の笑顔を見れて、楽しい時間を過ごせてうれしかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする