ドトール珈琲店の川崎ゼロゲート店!モーニングはあの珈琲店と同仕様

「ドトール珈琲店」の川崎ゼロゲート店が、オープンしましたね!

「川崎ゼロゲート」は新しく建設された建物で、以前の「さいか屋の川崎店」跡地に、2019年8月8日に新しくオープンした小型の商業施設になるのです。

この場所で、コンビニや回転すし屋などと一緒に「ドトール珈琲店」が入っています。川崎を歩くと新しいガラス張りの建物が目に入って、とっても気になっていたのでした。

さらにこの「ドトール珈琲店」は、実は通常の「ドトールコーヒーショップ」とはひと味違うらしく、朝のモーニングメニューもしかり。

そんな「ドトール珈琲店」のモーニングメニューや時間帯、店舗の基本情報も。しかもモーニングは「あの珈琲店」と同仕様だったので、つづっていきます。

スポンサードリンク

ドトール珈琲店の「川崎ゼロゲート店」の基本情報

ドトール珈琲店,川崎ゼロゲート店

ドトール珈琲店 川崎ゼロゲート店

〒210-0023 神奈川県川崎市川崎区小川町1-1 川崎ゼロゲート2F

TEL:044-244-5565

月~木:8:00~22:00(L.O.21:30)
金・土・祝前日:8:00~22:30(L.O.22:00)

前出になりますが、以前の「さいか屋」跡地に出来た建物なので、JR川崎駅からのアクセスもいいですし、ガラス張りの建物はとても目立ちます

「ドトール珈琲店」はスシローと同じフロアに位置しているので、2Fに上がるエスカレーターに乗ったら、お店の前になりますよ。

わが家は午後のお茶をするのに伺いましたが、「ドトール珈琲店」はモーニングもやっています。

では、メニューは次で見ていきましょう!

ドトール珈琲店の川崎ゼロゲート店のモーニングメニューは?

ドトール珈琲店,川崎ゼロゲート店,モーニングメニュー

「ドトール珈琲店」のモーニングメニューは、コーヒーまたは紅茶(各450円税抜)にプラス0円~100円で、4種の中から選べます

またドリンクは、プラス料金で変更可能!(下記にて)

コーヒーまたは紅茶(各450円税抜)にプラス

  • 0円 トーストとゆで玉子(バターまたはイチゴジャム付き)
  • 50円 ピザトースト(サラダ付き)
  • 100円 ドトールドック
  • 100円 3種チーズのあつあつたまごグラタンとトースト

ドリンクは、プラス100円(550円税抜)で、下記のドリンクに変更ができますよ。

  • カフェオレ(ホット/アイス)
  • オレンジジュース
  • ジンジャエール
  • オレンジソーダ

ドトール珈琲の川崎ゼロゲート店のモーニング時間帯は?


「ドトール珈琲の川崎ゼロゲート店」のモーニング時間帯は、朝オープンの8:00~11:00までとなります。

店舗のオープン時間の朝8時からモーニングが食べられるので、お仕事でもお出かけでも結構便利に利用できるのではないでしょうか。また11時まではモーニングなので、ちょっと遅めのブランチにも。

しかも、JR川崎駅というターミナル駅から、徒歩でそんなにかからずに行けますしね。

朝から、おいしいコーヒーが飲みたくなったら、ぜひ、利用してほしいです!

ちなみに、朝からカフェでお仕事したい方には気になる「電源コンセント」ですが、私が見る限り見当たりませんでした。


ブランチで家族と行きたい!赤ちゃんや子連れでも大丈夫?

【関連記事】

コーヒーがおいしい!

ドトール珈琲店,川崎ゼロゲート店,コーヒー

「ドトール珈琲店」が「通常のドトール」と違うところといえば、「コーヒー」ではないでしょうか

焙煎の仕方やブレンドにこだわっている、お店でウリにしているというのが伝わってきましたよ。

ホットを飲んでみたら、香りがたって風味が豊かでとても美味しかったんです!しかも、このおいしさで値段も「バカ高くない」というのも主婦には嬉しい。(飲んだのは「おすすめ」のザ・ドトールブレンド)

じっくり丁寧にいれてくれた一杯といった感じで、最近で飲んだ中で一番おいしかったコーヒーとなりました。コーヒーにうるさい主人も一口目で、「おいしい!」と絶賛していました。

そんな「ドトール珈琲店」のホットコーヒーは、3種から選べます。

ホットコーヒーは3種から選べます


スペシャルティブレンド珈琲(HOT)3種

ドトール珈琲農園の最大の特徴は、コーヒーにかける想いを形にした3種のブレンドです。焙煎の違い、コーヒー豆本来の味わいを引き出すブレンディング、そのどれもがお客様にとっての”最高の一杯”となるために

ザ・ドトールブレンド
ブラジル特有の甘みをともなったローストナッツの様な香りと、軽やかな味わいが特徴です。ドトールコーヒーのDNAを引き継いだ至極の逸品。
主な生豆生産国名(ブラジル、コロンビア)
¥450(税抜)

ザ・クラシックブレンド
シナモンを思わす甘く温かみのある香りと、ダークチョコレートを感じさせる複雑で密度のある風味が特徴の珈琲です。奥行きのある甘みをお楽しみください。
主な生豆生産国名(コロンビア、グアテマラ)
¥450(税抜)

ザ・モダンブレンド
エチオピア特有のフローラルな香りと、マスカットのようなフルーティで爽やかな酸味があります。グアテマラを配合することでミルクチョコレートを思わすまろやかな甘味が余韻で残ります。
主な生豆生産国名(グアテマラ、エチオピア)
¥450(税抜)

https://www.doutor.co.jp/thefarm/

コーヒー(ホット/アイス)2杯目からは300円(税抜)で飲めます。

スポンサードリンク

モーニングはあの珈琲店と同仕様

もうすでにお気づきの方も多いと思いますが、モーニングメニューはあの「コメダ珈琲店」と同仕様なんですよね。

コーヒーなどの飲み物代だけで、「トーストとゆで卵」は無料で付いてくるという仕様。

やはり「無料で食べ物が付いてくる」というお得感を味わえるコメダ珈琲を、かなり意識したメニュー構成なはず。

まぁ、いち消費者としてはお得に思えますし、忙しい朝に値段が分かっているってストレスが少ないですからね。

そういった部分でも、通常のドトールとも全く別物というコンセプトの「ドトール珈琲店」でした。

コメダ珈琲店も行ってきました!

【関連記事】

パンケーキが日本一のカフェに行きました!

【関連記事】

まとめ

1 ドトール珈琲店の「川崎ゼロゲート店」の基本情報
2 ドトール珈琲店の川崎ゼロゲート店のモーニングメニューは?
3 ドトール珈琲の川崎ゼロゲート店のモーニング時間帯は?
4 コーヒーがおいしい!
5 モーニングはあの珈琲店と同仕様

を見てきました。「ドトール珈琲店」は、JR川崎駅から近いのでアクセスもいいですよね。

モーニングメニューもドリンクと込みのものだったり、100円のプラスだけで食べられる手軽なものでした。コスパがいいですし。

モーニング時間帯もオープンの8時から11時までなので、ちょっと遅いブランチにも行けます!

何よりホットコーヒーが美味しかったので、また行きたいと思っているところです。「おかわり」もアリかなと思っています!