赤ちゃんや子供連れに不向き?「ドトール珈琲店」の川崎ゼロゲート店

「ドトール珈琲店」の「川崎ゼロゲート店」をご存知ですか。

旧さいか屋の跡地に建設された、おしゃれな新しい建物「川崎ゼロゲート」にオープンしたカフェになります。

この「ドトール珈琲店」の注文はセルフではなく店員さんにオーダーする仕様で、店内もかなり落ち着いたシックな雰囲気。

そんな「ドトール珈琲店」に、小学1年生の子連れで行ってきました!

新しいスポットだし、赤ちゃんや子供と一緒に行きたいなと思っているママ・パパもいらっしゃると思うんですよね。

とてもステキなカフェなのですが、子連れからすると・・メニューや雰囲気、トイレなどはどうなのか。「お店の仕様が赤ちゃん、子連れに不向きなのか」を「母親としての目線」でジャッジしてみます。

スポンサードリンク

ドトール珈琲店の「川崎ゼロゲート店」!

ドトール珈琲店,川崎ゼロゲート店

やってきました、ドトール珈琲店の「川崎ゼロゲート店」

日曜の17時すぎなのに、人通りも多くて、建物内にもけっこうな人がいますね。

ドトール珈琲店は2Fに位置しているので、1Fの入口は上記画像の右側にあり、2Fの「店舗入り口」まで登ることになります。

2Fに登るのには、1Fの入口を入ってすぐのエスカレーターを利用します。このエスカレーターは下りもあるので、帰りも安心ですね!

2Fのドトール珈琲店と同じフロアには「スシロー」もあるんです。なので人の行き来がありますから、エスカレーターも利用している人が多いです、やはり。

「ドトール珈琲店」の地図などの基本情報・モーニングメニューはこちら!

【関連記事】

ドトール珈琲店は赤ちゃんや子供連れには不向き?

ドトール珈琲店,川崎ゼロゲート店

「ドトール珈琲店」の「川崎ゼロゲート店」は、赤ちゃんや子供連れには不向きなのか。

結論からいうと、「子連れには不向きだろうな~」と。娘と実際に訪れてみて、店舗で時間を過ごしてみて思いました

もともと「子供をじゃんじゃん呼んで」というファミリー向けではなく「大人向けのカフェ」というコンセプトなんだなーと。訪れてみて、よくわかります。

だって私や主人からしたら、大人がマッタリとゆったりとするには「とてもいいカフェ」という印象なんですもん。

なので誤解をしてほしくないのですが「お店がダメ」っていうことではないのですよ!

あくまで私の一個人としての意見で、子連れからの視点で見て感じたことですので。いち体験談としてお読みいただければと思います!

川崎駅すぐの「ラゾーナ」で子連れOK!の絵本もあるカフェ

【関連記事】

スポンサードリンク

赤ちゃんや子供連れには不向きな理由

ドトール珈琲店,川崎ゼロゲート店,

「ドトール珈琲店」の「川崎ゼロゲート店」の、赤ちゃんや子供連れには不向きだと思う理由は下記になります。
  

それぞれの詳細もつづっていきますね。

(上記の画像のようなオシャレなディスプレイもされているので、「子供が触って壊しちゃったら」と思ってハラハラしちゃいました。子供はキラキラしたものが好きですし。)

  • 2Fの店舗入り口までエスカレーターを使用
  • 子供向けメニューが少ない
  • 客層が大人ばかり
  • トイレにおむつ替えシートの設置なし
  • ソファーが多い(子供が座りづらい)

2Fの店舗入り口までエスカレーターを使用

前出ですが、2Fの店舗に入るには1Fからエスカレーターを使用するしかない!ということです。

赤ちゃんを乗せたままのベビーカーで上がるのはキケンですし、赤ちゃんを抱っこして、ベビーカーをたたんで・・・という作業が発生します。

しかも、このエスカレーターは大人が2人並べるほどの幅はなく、通常より狭めのタイプ。さらに、上のお子さんがいたとするとチョット大変なのが想像できます。

「じゃあエレベーターは?」と考えますが、この「川崎ゼロゲート」自体にはエレベーターは設置されているのですが、建物の反対側2Fにある「LAVA」や「ミュゼプラチナム」とはつながっていないのです。

そのため、外から「ドトール珈琲店」が見える下のエスカレーターからしか上がれませんので、ベビーカーだけでなく車イスを使用の方も、ご注意くださいね。

子供向けメニューが少ない

最近行った中では、ダントツに子供向けメニューが少なかったと記憶しています。

上記の画像は、6歳娘がオーダーした「オレンジソーダ 550円(税抜)」なのですが、実は自家製なので甘さがかなり控えめ。

「ファンタオレンジ」みたいなものを想像していた娘は、最初こそ飲みましたが、残しました。そりゃ、そーだ。(笑) ただ、私には好きな味でした。

また注文できる軽食のカレーやパスタも「ザ・喫茶店」という感じで子供向けの味のものではないですし、スウィーツも本格的なものばかり。

子供が手づかみなどで食べられるものは、ほとんどありませんでしたね。

客層が大人ばかり

お店の訪れたのは、日曜日の17時~18時ころでしたが、客層は子供が1人もおらず大人ばかりでした。

どのカフェに行っても子供が全くいない経験がないので、ちょっと驚き。だいたい子供がいなくても、しばらくすると子連れの家族が来店したりするので。

そんな感じなので、子連れなのがちょっと居心地悪い感じですし、娘が騒いだり立ち上がって歩いてると気が引けます。。

ターミナル駅の前の新しい建物ということもあって、ちょっとオシャレめな若い人が多くて、コーヒーで談笑。若者の割合が断然多い気がしました。

トイレにおむつ替えシートの設置なし

こちらのお店のトイレには、おむつ替えシートの設置なしでした。

長時間でなければ、おむつ替えをする機会もないのかもしれませんが、赤ちゃんや子供は何があるか、分かりませんからね~。

広めのトイレではないのですし、子供が来ることはあまり想定していないんだろうなと母目線で思いました。

ただ、ちゃんと洗面台もありますので手洗いもできるので、娘はよく洗いに行っていましたよ。

川崎駅周辺でおつむ替えしたい!ベビー休憩室やキッズトイレはある?

【関連記事】

ソファーが多い(子供が座りづらい)

来店した案内されたのは、かなり低めのソファー席。(ソファー席多し)

この時点で、娘はあまり座っていられなくて、立ち上がっちゃうだろうなと想像でき、実際にその通りになりました。

子供にはこの手のソファーは、やわらかくてあまり寄りかかりもできないので、とても座りづらいんですよね。

席の空きがあまりなく選べないため仕方がないのですが・・。店員さんの方でも子供がいるからという配慮も見られなかったので、希望がある場合は声をかけてみてもいいかもしれません!

まとめ

1 ドトール珈琲店の「川崎ゼロゲート店」!
2 ドトール珈琲店は赤ちゃんや子供連れには不向き?
3 赤ちゃんや子供連れには不向きな理由

を見てきました。新しく建設された「川崎ゼロゲート」!いろんなテナントも入っているので、新スポットになりますね。

その建物の中に入っている「ドトール珈琲店」は、オシャレで大人がマッタリ過ごせますが、子連れにはちょっと不向きだと分かりました。

店舗に入るためには、ベビーカーで動くことが多い赤ちゃんや子供連れの人には必須なエレベーターがなく、エスカレーターだけですので、来店時には気を付けてくださいね。

極論を言ってしまえば、まだ寝てばかりの乳児と一緒なら特に問題はないかなーとひそかに思っています。

でも子供が騒いだりして気になるママ・パパは、子供が行きやすいカフェにする方が、精神的にもゆったりできそうですね。

お店の雰囲気はとてもいいので、今度は、子供ナシで大人だけで訪れようと計画中です。(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする