丸田佳奈医師の旦那(夫)や子供など家族は?学歴や年齢のwiki

丸田佳奈さんは、医師ですがとてもかわいいですよね!

タレント活動もしていますが、本業のお医者さんを頑張っている印象です。

そんな丸田さんに旦那さんや子供などの家族はいるのか?

学歴や年齢などもプロフィールも気になり、調べてみました!

つづっていきます。

スポンサードリンク

丸田佳奈医師のwikiプロフィール

名前:丸田佳奈(まるたかな)

生年月日:1981年8月20日 (37歳)

血液型:A型

出身:北海道

学歴:日本大学医学部医学科卒業

趣 味:旅行・ジャズダンス・美容・ドライブ

出典:http://www.scroll2003.com

丸田さんは、現役の産婦人科医師で、医療に携わる立場から、情報を発信することに務めています

主な肩書は下記です。

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本周産期・新生児医学会員
  • 日本母性衛生学会員

現役医師という肩書が並び、まさしく「ザ・お医者様」という感じがします。

産科医が女性の先生だと、患者の女性からするとすごく安心ですよね。

身体のことを診てもらいますし、同じ女性なので症状などを伝えても分かってもらいやすいですし。

また丸田さんの優しそうだけどしっかりしている雰囲気は、「いざというときにはちゃんと対応してもらえそう」と心強く感じます。

丸田佳奈の学歴

学歴は、日本大学医学部医学科を卒業しています。

日本大学医学部に入学前は、東大医学部を目指して2浪しています。

頑張って医大に入学した後、休学や留年もあったそう。

医学部4年生のときに、ミス日本(2007年)になり芸能界を目指したことも。

ただ、芸能界入りは母親の反対もあり断念をして、28歳で医師になりました。

休学や留年もあったとのことなので、本当はお医者さんではなく、芸能界入りを夢見ていたのかもしれませんね。

きれいで明るい人なので、芸能界に入りたいと思ってもごく普通のことのはず。

もしかしたら親の反対で断念したことに、ずっと未練があったとしたら。

現在のテレビやメディアに露出があるのも、丸田さんにとっては積極的なことなのでしょうね。

丸田佳奈の年齢

年齢は、現在37歳

見た目も若くて、とても産科医としての激務をこなしているようには見えませんね。

年齢的にも、疲れが次の日まで残るようになってくる年代のアラフォーですが。

丸田さんは、まったく疲れた感じがないといいましょうか。

同じアラフォーの私からすると、若さを維持する秘訣を聞きたくなります。(笑)

そんな30代後半の丸田さんに旦那さんや子供などの家族がいるのか、見ていきましょう。

丸田佳奈医師の旦那(夫)や子供など家族は?

丸田さんは、結婚して旦那様がいます

夫も同じ医師ではないかとのウワサもありましたが、確かな情報は見つかりませんでした。

ただ、ブログでご主人の話も出てきており「お互い多忙で、家で10分ほどしか一緒にいられなかった」なども話もあります。

多忙を極めるような仕事のご主人ですし、お医者様の丸田さんとつり合い取れる感じですと、実業家とかなのかなーなんて思ったりもしました。

お互いに仕事に一生懸命に取り組み、あまり会えないことも大きい問題にはならない感じを見ていると、お互いに自立した大人な関係なのでしょう。

もしかしたらご主人は、仕事にまい進する丸田さんが大好きなのかもしれませんね。

ステキな関係だなーと思ったのでした。

スポンサードリンク

子供は?

37歳で産科医。

たくさんの赤ちゃんの誕生を見てきている丸田さんには子供がいるのか、気になるところ。

お子さんは1人います

女の子で、2017年1月に出産しています。

出産の報告のブログには下記のように書かれています。(引用:https://ameblo.jp)

陣痛の痛みは壮絶なものでしたが、

それにまさる達成感と、

そして何よりお腹の子に会えた幸せと感動で、

死ぬほど辛かった痛みなどすっかり吹き飛びました。

産まれる直前まではもう二度と味わいたくないと思っていたのに、

産んだ後は次回以降も全然たえられそうな自分がいます(笑)

お子さんを産んでみて、分かる感動や幸せがたくさんありますよね。

出産という経験を経て、産科医としてますます幅が広がるでしょうね。

母となった眼で、赤ちゃんと向き合う姿勢もまた違ったものとなりますし、経験値があがります。

家族が1人増えて、たくましい母になった丸田さん。

これからの活動にも注目ですね。

まとめ

1 丸田佳奈医師のwikiプロフィール
2 丸田佳奈の学歴
3 丸田佳奈の年齢
4 丸田佳奈医師の旦那(夫)や子供など家族は?
5 子供は?

を見てきました。

丸田さんはきれいでお医者さんというだけで、とても魅力的ですね。

母になった目線で、医療の情報の発信をしていってもらいたいです。

【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする