栗原ジャスティーンのプロフィール!身長や年齢と美尻トレーニング

モデルの栗原ジャスティーンのヒップが注目されています。

継続的にトレーニングをして、美尻を目指している努力家なんですね。

今回、林先生の『初耳学』で、「効果抜群!カリスマモデルの美尻トレにガンバレルーヤが挑戦」でとりあげられます。

そんな栗原さんの身長や年齢のプロフィール、だんなさんも気になるので調べてみました!

また美尻トレーニングと、栗原さん着用ウェアについても、づつります。

スポンサードリンク

栗原ジャスティーンのプロフィール!


名前:栗原ジャスティーン(くりはら じゃすてぃーん)

職業:モデル

生年月日:1988年10月2日

出身:東京都

好きなもの:海好き。スポーツ好き。料理好き。でもやっぱり旦那さんが一番スキ♡笑

出典:https://lineblog.me/

栗原さんは、モデルさんです。

お顔を見ると一目瞭然ですが、アメリカ人と日本人のハーフなんですね。

小学5年生からテニスを始め、毎日練習に励み、プロ育成コースで頑張っていたそうです。

今もトレーニングして、スポーツ好きと話していますから、やはり身体を動かすことが生活の一部になっているんです。

テニスもしながら、13歳にスカウトされモデルとして活動開始。

テニスにモデルにと、ものすごくバイタリティーあふれる10代だったわけです。

そんな時間が2年ほどつづき、テニスとモデルの両立がだんだん出来なくなり、モデルをしていくことを選択しました。

モデルを始めてから事務所からは、『日焼けNG。筋肉質NG』という条件を言われていたためです。

テニスとは真逆の条件だったワケですから、相当、悩んだはずですよね。

ずっとは両立できないのは、当然な気がします。

若い時代に、きちんと取捨選択が出来る、自分の考えをしっかり持った女性なのかなと。

現在はご自身でも「やりたいことを全力でやる決意をした」と話しているので、もともとの考え方がベースになっているのでしょうね。

そういう女性って、同性から見てもとてもステキです。

また、好きなもの:に「海好き。スポーツ好き。料理好き。でもやっぱり旦那さんが一番スキ♡笑」とあります。

栗原さんは、ご結婚されて旦那さんがいらっしゃいます。

栗原ジャスティーンの旦那(夫)


出典:https://lineblog.me/

旦那さんは、栗原崇(くりはら たかし)さん。

アメフト選手であり、IBMビッグブルーに所属しています。

身長は、180cm。

とてもイケメンで長身の旦那さんですが、交際のきっかけになるアプローチをしたのも、崇さんだったそう。

その時点ですでに結婚も視野に入れていたというから、その真剣さにグッときちゃいます。

そんな話を聞いて・・。

結婚するときって、なんとも言えないですが、見えないタイミングというかそういう力が働いている気がします。

直感でなんとなく「この人と結婚するかも」と思うと、実際に結婚している場合が多数ありますし。

お二人とも直感で感じるタイプかもしれませんね!

身長や年齢も

栗原さんの身長は170cmです。

一般女性としたらかなり長身の部類に入りますが、モデルさんとしては平均値あたりでしょうか。

パリコレなどで活躍していた冨永愛さんは、ズバ抜けて高く、179cm。

活躍の場が違うので、あまり比べられませんが。

今は女優としている榮倉奈々さんは同じく170cm、菜々緒さんは172cmですし。

モデルとして、服を綺麗に着こなせるとしたら、170cmあればおそらく充分ではないかと思います。

ただ、栗原さんの場合、体重は60㎏。

女性なら、体重60㎏にちょっと驚きませんか?

あんなにスタイルいいのに?60㎏もあるの?みたいな。

多くのアスリートも話していますが、やはり体重が重いのが問題なのではないのですね。

体脂肪などの筋肉の割合が大事ということ。

栗原さんは、鍛えあげているからこそ筋肉がついて体重もありますが、引き締まっているのでとてもしなやかでキレイです。

また、栗原さんの年齢は、現在29歳

アラサーの栗原さんですが、当然、体型などからも年齢を感じさせないですし。

今後、体型が崩れていく年代に入っていきますが、トレーニングでカバーしていってるのですよね。

美尻トレーニング

「トレーニングが私に1番教えてくれた事は、継続をする大切さ もう何年も継続した事によって目に見えた変化が出たの
だからトレーニング以外でも今は下手でも継続して時間をかければ必ずトレーニングみたいに結果が出るという勇気になってる」

出典:https://lineblog.me/

栗原さんは、ヒップ(おしり)が鍛えられてある程度大きい方が魅力的だと語っています

そのために、体重も増量させて鍛えているそうです。

栗原さんの言葉で、トレーニングを継続をするという気持ちと行動が、とても大事なんだと気付かされます。

そんなトレーニングとはどのようにしているのでしょうか。

今日は下半身の日
パーソナル終わってから更に腹筋と、ゴムバンドでお尻トレした
もうお尻パンパン 反らずにウエストとお尻の対比でSカーブ作りたい 最近自分の骨格を理解しながら、どんな身体を目指していくか明確に目標を作れたの
骨格的になれない体型はなれないからね。そこは自分でしっかり理解しないと!!
そして本当になりたい体型は多分腹筋の線を残すのが難しそうそこも理解しないといけないところ

次の広告の撮影が終わったらまた本格的に増量スタート
楽しみだなー

スモウスクワットは見ての通りお相撲さんの四股踏みのような体勢になります お尻はもちろん内腿や腿裏にも効きます 私は重いスクワットだけではなく、色んなスクワットをしています 色んな種類の尻トレをして綺麗な形を目指してねっ それと腿裏やふくらはぎを鍛えると血流もよくなるよ

出典:https://lineblog.me/

トレーニング自体は、マシンなども使用したもっと激しい感じのもありました。

上記の動画は、比較的シンプルなものでしたので、スクワットなら自宅でも実践出来そうだなーと思いチョイスしました。

運動の激しさも大事なのかもしれませんが、動かしている部分を意識するというのが重要だなと。

ナイスなバディーがうらやましいです。

そんな栗原さんのウェアが気になりました。

栗原ジャスティーンはドームの契約アスリート

栗原さんは、「株式会社ドーム」の契約アスリートなんです

ウェアは、全て「ドーム」のアンダーアーマーを着用しています

アンダーアーマーとは、動きやすいウェアのこと。

よく高校野球などで球児たちが、ユニフォームの下に着用している黒い長袖のピッタリしたものがメジャーですね。

「株式会社ドーム」は各種スポーツ用品、スポーツサプリメントの製造・販売。

またアスリートへのパフォーマンスディレクションをしている会社です。

よく知られているのが、あの『アンダーアーマー』を扱っている会社なのです。

アンダーアーマーと日本総代理店の契約を結んだ会社なので、商品を扱えるんですね。


なんと!!!

ふらっと新作を見に @underarmourjp ショップへ行ったら、、、
こんなにも大きなポスターが貼ってあったの 嬉し過ぎるーーーー!!! 小学生の頃からテニスを育成コースでやってて、高校生になる時に両立が難しくて育成コースをやめることにしたの。(高校の間は部活動ではやってましたが。)

急にやめることにしたから本当に後悔してて、何度もコーチに謝ってテニスをやりたいって言いに行く夢を見てた。

やめる時に決意したのがスポーツブランドの広告を大きく飾る事でした。

でもモデルの仕事をしている時にずっと引っかかっていたのは身体の大きさ。

特にテニスで鍛えられた太ももが太くて、有名な雑誌の専属がほぼ決まった後に、やっぱり太ももがなーと無しにされた事もあり。

どこの仕事場でも太りすぎという体型の事ばかり。

業界が求める細さになる為にどんどん好きだった運動から離れる事になっちゃったの。

それで主人に出会い。

身体も含め全力で夢に向かっている姿が輝いてて、憧れでもあったけど、同時に正直羨ましかったの。。。

私も全力で頑張っているつもりではあったけど、何かが物足りなかった。

そこから年月が経ち、他人の意見ではなく、自分が正しいと思った事を全力でやる決意をして数年。。。

凄い時間がかかりましたが、、一周回ってこの業界に入る時に1番最初に決めた目標を達成する事が出来ました

本当に沢山の方に支えられてここまで来ることができました

ありがとうございます!!!

ファンの皆様に勇気と自信を与えたいと思って今は頑張っているのですが、実は皆様からのコメントで私も勇気を頂いています

私のファンの方は街中で会ってもとっっても礼儀良くて、芯が通ってる方ばかりで本当に本当に最高だと思っています

これからもサポートし会っていければ嬉しいです

よろしくね

出典:https://lineblog.me/

まとめ

1 栗原ジャスティーンのプロフィール!
2 美尻トレーニング
3 栗原ジャスティーンはドームの契約アスリート

を見てきました。

見た目だけでなく、中身も鍛えている感じがして、印象がとても変わりました。

ものすごくしっかりしているし、きちんと自分のことを理解しようと努力している姿にあこがれました。

すてきな旦那さんですし、もしお子さんが産まれれば、かなりのアスリートになること間違いナシですね!

【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする