フォローアップミルクは必要?

フォローアップミルクとは、離乳食3回食になる約9か月くらいから飲める、栄養の補助的な役割のミルクのことです。離乳食で不足しがちな鉄分やカルシウム、ミネラルなどを特に強化した栄養分が豊富に含まれています。

フォローアップミルクは、飲ませた方がいい、飲ませなくていいなど、いろいろ見かけますよね。必ずしも飲ませるものではないので、悩むところでもあります。

スポンサーリンク

牛乳と「フォローアップミルク」の違いは?

牛乳はカルシウム供給源として適した食品です。しかし鉄やその吸収を促進するビタミンC、およびDHAはほとんど含まれていません。乳幼児の鉄不足は鉄欠乏性貧血や、精神的ならびに運動発達が遅れるという研究報告(※1)(※2)もされています。
フォローアップミルクは離乳時に不足しがちな鉄、鉄の吸収を促進するビタミンCなどを増強しています。牛乳だけでは補いきれない赤ちゃんの栄養素を、バランスよく摂取するための成分が多く含まれており、この時期に必要な栄養を補うためにおすすめする。

出典:http://www.snowbaby.jp/followup-milk/

牛乳よりフォローアップミルクにした理由は?

牛乳はアレルギーの心配があるため1歳くらいから飲ませられることが多いですが、栄養の面で、フォローアップミルクの方が離乳食では足りない栄養素を補えるので適しているんですね。

娘も1歳を過ぎて、離乳食で好き嫌いが出てくると、食べてくれないものも当然あって、いつも同じようなものを食べている印象でした。栄養が偏っているなと感じたので、フォローアップミルクを飲ませようか検討しました。

・離乳食に好き嫌いがあり偏りがある

・母乳に代わる飲み物がほしい

・栄養素を補えるもの

そして1歳3カ月、断乳を決行したのを機に、フォローアップミルクを飲ませることにしました。離乳食のあとにも母乳はのんでいたので、断乳して母乳に代わるものができたのは、娘の精神安定剤的によかったと思います。

飲ませ方は、離乳食がかなり食べられているときは、おやつの段階で、おせんべいなどと一緒に100~200ml。離乳食があまり食べれていないときは、ご飯あとに、80~100ml飲ませるといった形でした。

いつまで飲ませた?

フォローアップミルクは、いつまで飲ませるかも気になりますね。通常だと、3歳ころまでと書かれているものが多いようです。

わが家では、離乳食が軌道にのって食事がかなり食べられるようになった1歳7か月ころまでと短い間ですが、栄養補給に助かりました。

飲みたい素振りもなくなってしまい、余ったフォローアップミルクは、シチューに牛乳代わりにいれたり、お菓子に、こちらも牛乳代わりにいれて消費しました。味も特に変わりもなく、おいしくて、家族にも好評でした。

スポンサーリンク

おすすめのフォローアップミルク

和光堂 ぐんぐん

離乳食や牛乳では不足しがちな栄養素を補給。離乳食が3回食になる満9か月頃の成長期には、各栄養素をバランスよく補ってあげることが大切です。離乳食では不足しがちな「カルシウム」をはじめ、牛乳では摂りにくい「鉄」、「DHA」等の栄養素をバランスよく補えます。

出典:http://www.wakodo.co.jp/product/milk/product/gungun.html

森永乳業 チルミル

満1歳頃からの幼児期のお子さまに不足しがちな、鉄分・カルシウム等の栄養をバランスよく補うフォローアップミルクです。お子さまの発育に大切な「ラクトフェリン」「DHA」を強化しています。

出典:https://www.morinagamilk.co.jp/products/babyfood/chirumiru/311.html

明治 ステップ

幼児期のお子さまの元気な成長を支える栄養サポートミルクです。たんぱく質、脂質、炭水化物を基本とし、母乳や牛乳、食事では摂りにくい鉄分やカルシウムを始めとするビタミン・ミネラル類、お子さまの発育に必要なDHA、ヌクレオチド、フラクトオリゴ糖などを配合しています。1歳頃から3歳頃まで。

出典:明治

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする