キャラ弁作れないママにおすすめアイテム!娘が喜ぶお弁当のお供!

幼稚園になると、お弁当を持って行くこともありますね。

娘の園は毎日お弁当ではありませんでした。

でも、遠足などの行事の日にはお弁当を作ることになります。

初めての遠足にお弁当を持っていって、帰宅後お弁当箱を開いたら・・。

8割が残っていてぐちゃぐちゃで、本当にショックでした。

これではいけない!!と思いましたが、あいにくキャラ弁も作れません。

そこでキャラ弁を作らずに、どんなアイテムでお弁当を飾ってみたら食べが良くなるのか、いろいろ試してみました。

娘が喜んでお弁当を完食してくれた際に気を付けたこと、使用したお弁当グッズなどをつづります。

スポンサードリンク

お弁当の全体量は適量になってますか?

お子さんのお弁当の適量が、把握できていますか?

毎日お弁当をもっていくお子さんでしたら、適量をつかみやすいかもしれません。

毎回の完食具合だったり、持って帰ってきたお弁当箱の残り具合でちょうどよい量を見つけやすいはず。

ですが、うちの娘の幼稚園は毎日お弁当を持っていかないので、量がまったく見当がつきません。

そんな中、初めてのお弁当で家で食べる同量を持たせ、見事に撃沈してしまいました。

娘にしてみたら、とっても量が多かったことでしょう。

そんなこともあり、毎日お弁当を持たせている他園のママさんに相談。

こんなアドバイスをいただきました!

「通常、家で食べている半量から入れて、様子を見た方がいいよ。」とのこと。

正直、「半分しか入れないでお腹すかないのー!?」と思ったのはいうまでもありません。

しかし実際は、いつもの半量入れて完食してきたお弁当箱と「少しすくなかったよ。」と娘からの申告。

結果、お弁当の量は「半量より少し多め」というところで折り合いがつきました。

この量は特に変わることなく、今も同じくらいの量を持っていっています。

やはり、子供にとってもお弁当を食べ切れたという達成感は、とても大事なものだと思います。

ピカピカになったお弁当箱を見る私も、ものすごい達成感を感じますし。

親子共に食べて満足、空になったお弁当箱を見て満足というのが、うれしいですよね。

キャラ弁作れないママにおすすめアイテム!

キャラ弁が作れない私が、お弁当を飾るのに役立ったアイテムをご紹介します。

下記で、それぞれの詳細もつづっていきます。

  • カラフルピック
  • 柄ものアルミホイル
  • のりカッター

カラフルピック

お弁当が華やかになる色とりどりのピックに、娘は喜びました。

ミニトマトを刺したり、チーズやから揚げなども刺すとかわいいので多めに使用しています。

色みが少なくなってしまったお弁当でも、ピックで色を補うようにすると見た目もグッとよくなり助かります

100均などでも扱いがあるので、お安く入手できますよ!

市販のものも、もちろんカワイイのですが。

楊枝に好きなマスキングテープで国旗風にアレンジしたものも、とってもテンションが上がったひとつです。

お弁当だけではなく、誕生日の食卓にも、国旗風の手作りピックは喜びました。

柄ものアルミホイル

こちらはかなりの威力を発揮してくれ、おにぎり完食率を大分上げてくれました

キャラクターのものだけではなく、いちご柄やハート柄でも同じようにテンションが上がりました。

それまでは普通のおにぎりはほとんど食べてくれない感じでしたが。

このアルミホイルにつつむだけで一番最初に手に取って、食べてくれるようになりました。

今では、家でおにぎりを食べるときも「コレに包んで!」とリクエストがあり、完食してくれます。

のりカッター

のりのカッターで顔型を抜いて、詰めたご飯に乗せるだけ。

おにぎりに乗せるだけで、簡単にかわいくなります。

娘はお弁当の日の朝起きると、このパンチでのりを切るのを率先してやってくれます

のりを挟んで押すだけで、顔型が出てくるのがとっても不思議で楽しいそう。

この「のりパンチ」ひとつが、娘の早起きのきっかけになり、かなり驚きました。

娘が喜ぶお弁当のお供!

わが家で、お弁当に入れると娘が喜ぶものをつづります。

お弁当のときには、どちらかが必ずはいるように買い忘れないようにしていますよ。

キャラクターものポテトなど

市販されているキャラクターもののポテトや、キャラクターもののかまぼこなどには本当に助けられました。

自分ではなかなか作れないだけに、とても重宝しますよね。

「このポテト入れてね」とリクエストがあったり、私が勝手にいれても完食してくれました。

娘にとったらお弁当箱のふたを開けたときに、きっと楽しいのでしょうね。

好きなものを入れる

娘の場合りんごが大好きだったので、毎回入れています。

お弁当も好きなものばかりを入れるということでは、栄養面でよくないと思います。

ですが、完食してもらおうと、お弁当の時間が楽しみになるように一品好きなものを入れるように工夫しました。

何となく食欲がなさそうだなというときは、りんごを多めに入れたりすると、頑張って完食してきてくれるようになりましたよ

スポンサードリンク

まとめ

1 お弁当の全体量は適量になってますか?
2 キャラ弁作れないママにおすすめアイテム!
3 娘が喜ぶお弁当のお供!

を見てきました。

お弁当の1回分だけで栄養が完璧なものを作ろうとするのは、不可能に近いですね。

作るママも大変ですし、娘的にもおもしろくなものが出来上がってしまう可能性もアリですし。

「足りない栄養素はあとの2食分で補えばいいよね」とゆるく考えてお弁当作りに取り組んでいます。

【関連記事】

あわせて読みたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする