桑子真帆の離婚にみるアナウンサー同士(同業者)の離婚理由の上位は?

桑子真帆さんは、夜のニュースで毎日お見かけしているので、とっても親近感がわきます。

そんな桑子真帆アナウンサーと、夫だった谷岡 慎一アナウンサーが離婚されましたね。

昨年の桑子さんのバースデイ婚から、およそ1年でのスピード離婚とのこと。

「離婚はよくない」という感じに思われそうですが、お仕事も順調ですし桑子さんって素敵な方ですし。

また御縁がある方がいるんじゃないかなと、ひそかに思っています。

今回の離婚は、お二人ともアナウンサー同士ということで、「同業者」ならではの離婚理由が気になり調べてみました。

お二人のプロフィールと共に、つづります。

スポンサーリンク

桑子真帆プロフィール

名前:桑子真帆(くわこ まほ)

生年月日:1987年5月30日(現在31歳)

身長:158㎝

出身:神奈川

職業:アナウンサー(NHK所属)

出典:http://www6.nhk.or.jp

現在は、NHKのニュース番組「ニュースウオッチ9 」のキャスターを務めている桑子さん。

毎晩(平日)9時からの放送で、いつも変わらずしっかりしたニュースを読んでいますね。

派手さはなくとも、明るい感じで好印象の桑子さんに、お茶の間での人気もとても高いです。

また桑子さんは、あの「ブラタモリ(タモリさん出演番組)」でパートナーを務めていたのですが、卒業するときにタモリさんから絶賛された人物でもあります。

昨年4月からタモリのパートナーを務めた同局の桑子真帆アナウンサーが、2日の放送分をもって番組を卒業した。

最後のおまけコーナーで「1年間、楽しかったです」とあいさつした桑子アナに、

タモリは「楽しかったですよ。性格も良く、お高くとまっていないし、いい子でした」とストレートなほめ言葉で別れを惜しんだ。
引用:https://www.oricon.co.jp

容姿端麗、アナウンサーで性格もいいなんて、とっても素敵ですね!

そして、桑子さん本人もとても真面目なため、NHKでもかなりの期待の星といったところでしょう。

毎日の生番組に出演するとなると、それはそれは多忙を極めますよね。

谷岡慎一のプロフィール

名前:谷岡 慎一(たにおか しんいち)

誕生日:1987年2月16日(現在31歳)

出身地:高知県出身大学法政大学

血液型:A型

入社年:2010年(フジテレビ所属)

出典:http://www.fujitv.co.jp

桑子さんと同級生の現在31歳。

谷岡さんは、フジテレビのアナウンサーになります。

朝の情報番組「ノンストップ!」で、水・木曜を担当しています。

その他にもスポーツなどの実況もされているそうですよ。

個人的な意見ですが、奥様だった桑子さんの方がメジャーではあるのかなという印象です。

どうやら、それは否めないようで、下記のようなことがニュースになってましたね。

アナウンサー同士(夫婦間)の格差があった!?

1年前の結婚発表時の際、マスコミにとりあげられた夫婦の写真の大きさにアナウンサー同士の「夫婦格差」が如実に出てたそうで・・・。

奥様の桑子さんに比べ、谷岡さんの方がちっちゃすぎると「ノンストップ!」ですでにイジられていたのですね。

本人も格差について発言していました。

5月にNHKの桑子真帆アナウンサー(30)と結婚したフジテレビの谷岡慎一アナウンサー(30)が、妻との「格差が広がってしまって、正直焦っている」と複雑な心境を明かした。
引用:https://www.iza.ne.jp

夫婦お互いにアナウンサーという「同業者」だからこそ、持っている番組の数、内容などで相手の収入額が手に取るようにわかるのかもしれません。

では、同業者ならではの離婚に至る理由の上位とは何なのでしょうか。

同業者の離婚理由の上位は?

今回、桑子さんたち夫婦の離婚理由は、「多忙によるすれ違い」と言われていますね。

桑子さんは夜の番組、谷岡さんは、朝の番組を担当しています。

おそらく夫婦二人でゆっくり過ごす時間なんてなかったのではないかと、推測できます。

人気があるからこその多忙さですが、プライベートが後回しになってしまう職業という側面もありそうです。

もちろん他の職業でも、上記の面は通常の夫婦でもありえることですし、特別変わったことでもありませんね。

ここで、少し違うのは、お二人が同業者だったこと。


では、同業者の離婚理由の上位にフォーカスしてみます。

先にもふれた内容もありますが、下記の理由があると思います。

  • 「夫婦お互いにアナウンサーという「同業者」だから、収入が明確に分かってしまう点。
  • 同業者だからこそ、夫婦でもあるが仕事上のライバルでもある点。
  • 男性の多くが、妻の方が収入が多いとプライドが傷つく点。

ここで、実際の同業者で離婚した理由と見解を調べてみました。

「同業の夫より私が先に学位を取得できることになり、その不満をぶつけられた。モラハラが続き、子どもを連れて離婚した」

●同業の夫の場合、お互いの仕事を理解し合える反面、ある意味ライバルでもある。どちらが優秀か、どちらが先に上へ行くかで差が歴然と出てくる場合、それが理由で離婚に至るケースも少なくない。
引用:https://www.joystyle.net

またデータから、「離婚しやすい」夫婦の理由上位のうち1つはこちら

「妻が夫よりも多く稼いでいる」

夫婦が同じくらいの収入である場合と妻の収入が少ない場合を比べると、同じくらいの収入である場合の方が離婚率が高いそうです。妻が夫よりも多く稼いでいる場合、さらに離婚率が上がるのだそうです。
http://news.livedoor.com

相手が同業者ではなければ、収入の基準額や実際にもらってる額なども、推測しにくいですが、だいたいの金額がわかってしまうのは、お互いにあまりいいことではないのかもしれません。

ただ同業者なら苦労をわかってくれたり、仕事でのヒントがもらえたりというメリットもあると思います。

ですが、多忙ですれ違いの毎日になると、意思疎通も出来なくなりますし、いろんな面ですれ違ってくるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

1 桑子真帆プロフィール
2 谷岡慎一のプロフィール
3 アナウンサー同士(夫婦間)の格差があった!?
4 同業者の離婚理由の上位は?

を見てきました。

まだまだお二人は若いので、これから再婚などもありそうですよね!

仕事もバリバリ出来るので、今後の活躍も楽しみです!

【関連ページ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする