竹内友佳アナの結婚相手(旦那・夫)の職業や人柄は?新居はどこに?

ひそかに人気が高い、フジテレビアナウンサー竹内友佳さん。

2018年6月14日大安の昨日、ご結婚されました。

おめでとうございます!

忙しくなる前のワールドカップ前に籍を入れるとは、仕事をしっかりこなしている方なんだなーと感心します。

そんな、かわいくてしっかりした竹内さんの結婚相手のこと、新居のことが気になるのでつづっていきます。

スポンサードリンク

竹内友佳アナのプロフィール

名前:竹内 友佳(たけうち ゆか)

誕生日:5月12日(現在30歳)

出身地:大分県

出身:大学早稲田大学

血液型:O型

入社:年2011年

趣味 ラーメン屋さんめぐり・旅行・音楽鑑賞

好きなもの アイス・辛いもの・乾燥機付き洗濯機

苦手なもの ジンギスカン

出典:http://www.fujitv.co.jp


報道番組でお見かけすることが多く、控えめな感じの美女で、とても好感が持てる竹内アナ。

あまり言わないけれど、実はこっそりファンでしたという男性も多そうですね

結婚して奥さんになったら、家事などをしっかりこなして、良い妻を演じてくれそうです。

そう思う理由が、上記プロフィールの「好きなもの」に、「乾燥機付き洗濯機」とあります。

これって、きちんと家で洗濯をしている証ですよね!

仕事が忙しい女性は、天気も読めずに濡らしてしまう可能性があるため、外に洗濯物を干せません。

ほぼ洗濯物は、洗濯機に付いている衣類乾燥機で乾かして、「乾燥機付き洗濯機」をフルに活用しているということ。

ということは、おそらく、ちゃんと乾燥機の便利さを知っていて家事をこなせる女性なはずです。

また、アナウンサーになってなかったら、保母さんなりたかったそうです。

竹内さんは、子供がとっても大好きとのこと。

結婚して妻になっても、ますます、好感度が上がる感じですね!

きれいで、家事もこなせて、子供好きなんて、これぞ「やまとなでしこ」でしょう。

母になった竹内さんも想像が容易に出来てしまう、まさにそんな女性です。

竹内友佳アナの結婚相手(旦那・夫)の職業や人柄は?

竹内さんの結婚相手の(旦那・夫)は、会社員で一般の方と報道されています。

俳優の西島秀俊似のイケメンスポーツマンで長身」という情報しかないのですが・・。

お二人は2016年に交際が始まり2年後に結婚されました。

ということは、旦那さんは、2016年に付き合っていたお相手の方ということになりますね。

当時の彼氏は、航空関係の方との情報があるので、おそらく、その方が結婚相手だと思われます。

航空関係というと、まず浮かぶのはパイロット!

イケメンですし早稲田卒の竹内さんとも会話が合うとなると、十分に可能性ありそう。

個人的には、旦那さんの職業はパイロットで英語の堪能ではないかと推測します。

また結婚相手の人柄ですが、誠実な人ではないのかなと想像できます。

なぜなら、

お互い多忙だと思いますが、2年交際をしてきて無事に結婚。

「6月の花嫁は幸せになれる」というジューンブライドの、6月の結婚を決めた。

など、竹内さんのことを大事に思ってきたのかなと推測できるからです。

結婚する人は、価値観などが似ていることが多いですし。

竹内さんのように、控えめだけれどきちんとしている、そんな旦那さんなはず!

今後、情報がわかれば追記していきます。

新居はどこに構える?

結婚にあたって、新居はフジテレビが近い港区ではないかと推測します。

なぜなら、竹内アナの番組は、「BSフジLIVEプライムニュース」で夜の担当です。

日曜も6:00~の早朝ニュースも担当しています。

きっと時間帯が昼夜逆転の生活なので、住まいが近いほうが旦那さんも安心ですよね。

夫婦で働いているので、港区の高層マンションにも住めそうです。

夫がパイロットと過程すると、年収平均はどのくらい?

おおよそ、1,198万円(42歳平均)といわれています。
(参考:http://heikinnenshu.jp)

航空会社によっても違いは結構あるようですが、パイロットの役職別に年収を見ると、

  • 機長の年収:平均2,300万円
  • 副操縦士の年収:平均1,500万円

と言われています。

今現在、夫が副操縦士で、仮にこれから機長になったとしても十分ではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

1 竹内友佳アナのプロフィール
2 竹内友佳アナの結婚相手(旦那・夫)の職業や人柄は?
3 新居はどこに構える?

を見てきました。

結婚はすごくおめでたいことですし、喜ばしいことですね!

好感がもてる竹内アナの今後の活躍も楽しみです。

【関連記事】

あわせて読みたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする