坂口健太郎のドラマ2018!初主演の「シグナル」と三枝健人役の内容

坂口健太郎さんが2018年に初主演するドラマ「シグナル」が始まります!

今までは存在感を保ちながらも主演するの人の側にいた、坂口さん。

今回、坂口さんが初主演をするとあって、「シグナル」がかなりの注目を浴びています。

4月10日(火)夜9:00~放送されますが、どんな作品で、どんな役柄なのか気になりますよね。

坂口さんのプロフィールとともに調べてみました!

スポンサーリンク

坂口健太郎のプロフィール

氏名: 坂口 健太郎(さかぐち けんたろう)
ニックネーム: 健太郎、健ちゃん
生年月日: 1991年7月11日
出身地: 日本
血液型: O型
星座: 蟹座
身長: 183cm
趣味: 読書、映画、お酒を飲むこと
特技: スキー、ギター
長所: 誰とでもなじむ
短所: 誰にでもいい顔をする
好きなブランド: 古着、the sakaki、ヨウジヤマモト
好きな音楽: 昔の曲
好きな映画: そのときの自分でコロコロ変わります
好きな漫画/本: 風の谷のナウシカ
好きな食べ物: たんぱく質
好きな言葉: なんかいい
出典:http://www.mensnonno.jp/

いやぁ、かっこいいです!(笑)

見た目からも想像できますが、趣味も読書だったり映画鑑賞ということから、基本的にはインドアタイプの方なんでしょうね。

坂口さんを見るとあの猫背が気になるんですが、なんだかインドアのイメージとピッタリな気がしてきます。

また、
長所: 誰とでもなじむ
短所: 誰にでもいい顔をする
好きな言葉: なんかいい

という所なんて、顔の表情からしても勝気なところもなく、やさしそうな人柄が出ているように思えるんですよね。

やさしい普段の坂口さんと、今回のサスペンスで演じる役どころ「三枝健人(さえぐさ けんと)」とはどのくらい違いがあるのか、どう演じていくのかの意気込みも気になるところ。

下記も続いてご覧ください。

初主演ドラマ「シグナル」の内容

このドラマは、韓国の人気ドラマ「シグナル」の日本版リメイクとなり、「現在」と15年前の「過去」とが交錯し、様々な人たちが絡んでいくヒューマンサスペンスドラマです。

物語

まとめていうと、

現在の刑事と過去の刑事が1台の無線機を通じ、協力して未解決事件の解決に挑む!

という内容です。

坂口さん演じる 三枝健人(さえぐさ けんと)は、独学でプロファイリングを学び、プロファイラーになった警察官。

自身が小学生のときに女友達が誘拐され、女児誘拐殺人事件の犯人と思われる女を目撃してしまったのですが・・。

その女のことを警察に話しますが誰にも相手されず15年が経ち、事件の時効が近づいていた矢先に、廃棄処分されるはずの無線機から聞こえてくる声を耳にします。

その声の主は、健人と同じ事件を追う事件の手がかりを話していました。

健人は信じられずもその声のとおりに現場に向かうと、そこには何者かの白骨死体が・・・。

その声の主とのやり取りを続けるうちに、健人はその相手が「刑事」であることと、過去を生きている人物だと知ります。

そんな2人が協力して、未解決事件を追っていくという内容です。

出演者


出典:公式twitter

  • 三枝健人・・・坂口健太郎
  • 大山剛志・・・北村一輝
  • 桜井美咲・・・吉瀬美智子
  • 山田勉・・・木村祐一
  • 小島信也・・・池田鉄洋
  • 安西理香・・・青野楓
  • 加藤亮太・・・神尾楓珠
  • 岩田一夫・・・甲本雅裕
  • 中本進之助・・・渡部篤郎

役どころ「三枝健人」はどんなキャラクター?


出典:公式twitter

「三枝健人」は、小学生のときに女児誘拐殺人事件の犯人と思われる女を目撃し、そのことを警察に話すが誰にも相手にされなかったため、警察を信用していません。

また警察を信用していないにもかかわらず、警察官になった人物。

そして兄が自分で命を絶ってしまう原因にもなった事件も経験していて、心に深い傷を持っています。

坂口さんも健人のことをこう話しています。

「彼の心の中のエネルギーは、怒りや悲しみ、孤独があるから、それを理解したい。」

坂口さんがポジティブエネルギーで動くのに対して、健人は真逆のネガティブなエネルギーで動いていると感じています。

過去の事件が原因で、ネガティブなエネルギーで生きている人物が主人公となると、けっこうヘビーな感じのドラマなのかもしれませんね。

また警察を信用していないにもかかわらず、警察官になったということも、健人のどんな思いからなのかが気になります。

15年前に目撃した女児誘拐殺人事件を自分の手で解決したくて警官になったのか、はたまた全然違う別の目的があるのか、想像が膨らんで収集つきません!

また健人が未解決事件を解決していくうちに、心にどんな変化が出てくるかも見どころですね!

初主演をする坂口健太郎の意気込み


出典:公式twitter

連続ドラマの初主演が決まったときは、「主演をする準備が自分に整っているかと戸惑いや不安」があったそうです。

ですが台本を読み込んで、物語の世界観を自分なりに理解できたときに、「絶対におもしろくなる!頑張らないと」という思いで満たされたそう。

坂口さん演じる「三枝健人」はプロファイリングをするということに長けていますが、坂口さん自身もかなり空気を読める人とのこと。

「空気を読むこととプロファイリングは同じ気がする」と思っており、健人の感情の動きなどを理解するために健人をプロファイリングして役作りに活かしているそうです。

坂口さんより、視聴者に向けてのメッセージです。

「いい意味で、緊張感、ドキドキ、違和感を抱えながら一緒に観てほしいし、負担がかかる感じで物語にのめり込んで欲しいです。

イメージはドライアイス。一見すごく冷たそうだけれど、触るとやけどする、という感じ。

映像として目に映るものの下にある感情の部分の熱さ、この熱量を届けたいと思います。」
出典:https://www.ktv.jp

スポンサーリンク

まとめ

1 坂口健太郎のプロフィール
2 初主演ドラマ「シグナル」の内容
3 役どころ「三枝健人」はどんなキャラクター?
4 初主演をする坂口健太郎の意気込み

を見てきました。

想像するに、物語のいろいろな部分に伏線がちりばめられている感じがするので、見逃さないように毎週見なくっちゃ!と思いました。

坂口さんもかっこいいので、毎週火曜日を楽しみにしています!

【関連ページ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする