子供が突然の結膜炎!嫌がる目薬はこうやって点眼しよう

子供の目にに多めの目やにが出て、しかも充血しているのに気付き、とてもつらそう。きっと、プールに行き始めたからなのかなーと原因がはっきりしないまま、眼科へ行くことにしました。

眼科では、結膜炎と診断され、飲み薬と目薬をもらってくることに。飲み薬はシロップ系だから美味しく飲めるけれど、目薬が大嫌いな娘。。。どうしよう。。。と不安になり、薬剤師さんに相談して答えてもらった点眼の仕方と、結膜炎ってうつったりしないの?と調べたことをつづります。

スポンサーリンク

結膜炎はうつるの?うつらないの?

結膜炎は、大きく3つの種類に分けられています。うつるものとして細菌性結膜炎とウイルス性結膜炎があり、うつらないものとしてアレルギー性結膜炎があります。

      【細菌性結膜炎】

    黄色ブドウ球菌などの細菌に感染することで引き起こされ、感染力は弱い菌ではあります。ただ、体の抵抗力が弱くなったときに感染しやすくなります。症状の特徴としては、結膜炎全般にみられるネバネバした目やにと充血があります。

      【ウイルス性結膜炎】

    細菌よりも小さいウイルスに感染することで引き起こされ、原因となるウイルスや症状により、流行性角結膜炎、咽頭結膜熱、急性出血性結膜炎に分けられます。

    流行性角結膜炎は、アデノウイルス8型などが起因して強い症状があらわれるという特徴があります。咽頭結膜熱は、アデノウイルス3型などが起因して発熱や下痢などの風邪に近い症状があらわれることもあります。また急性出血性結膜炎は、コサクッキーウイルスA24型などが起因しているため、強い感染力があるとされています。

      【アレルギー性結膜炎】

    突然のアレルギー反応が原因している結膜炎ため、こちらは、うつりません。アレルギーを引き起こす物質により、花粉症などの季節性のものと、ハウスダストを起因とした通年性の結膜炎に分けられます。症状としては、白っぽい目やにが出ることが特徴です。

子供が苦手な目薬はこうやって点眼しよう

眼科で2種類の目薬を処方されると聞いて、思わず、「娘は、目薬が大嫌いでとてもじゃないけど点眼できません!」と先生に言うと、薬剤師さんにやり方を聞いてねと言われました。薬剤師さんから教わったやり方は、なるほど~と納得したのと、実際にやってみても大成功だったので、困ってる方は、お試しください!

      ・寝てるときに、まぶたを開けて点眼する

    起きているときは、目薬を見るだけでも怖がって点眼させてくれず、途方に暮れてしまいますよね。寝てからまぶたを開けてそーっとさしてください。と言われましたが、このやり方でしたら、きちんと決められた量を点眼できましたし、動いてしまって失敗することがなく、本当に助かりました。

      ・目を開けたまま、目じりの方から点眼する

    このやり方は、目薬を見ても怖がらないお子さん向けです。従来どおり、目をつぶらせてまぶたを開けようとすると、子供に抵抗されてしまってうまく点眼できないことがありますが、目を開けさせたまま、目薬が視界に入らない目じりの方から点眼します。娘はこのやり方でも怖がってしまったので、寝てからの方法を実行しました。

スポンサーリンク

まとめ

結膜炎は、うつるの?うつらないの?
子供が苦手な目薬はこうやって点眼しよう

を見てきましたが、子供が寝てからの点眼は、私には目からウロコでしたし、とても役立つ情報をもらえました。

普段、風邪をひいたりして薬をもらいに薬剤師さんに会ったりしますが、特に相談などもせずに帰って来ちゃってました。そうではなくて、困っていることやどうしたらいいか分からないことなども、もっと気軽に相談してみた方がいろんな改善するヒントなどがもらえるんじゃないかなと痛感したのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする