子供がインフルエンザ!薬が苦くて飲めないとき、これなら飲めました

その日はそう、突然やってきました。

夕方から何やらグズグズの娘。久しぶりのお昼寝復活。起きてきての赤い顔・・・もしや!!!お熱ある!?計ってみると38℃。

病院に行き、「インフルエンザB型、確定ですね。」「タミフル朝晩5日分、確実に飲み逃しがないように飲みきってください。」

今まで、風邪のお薬は、甘いシロップばかりだったので、薬嫌いになったことのない娘。

そんな娘だったので、タミフルを甘くみていた私でしたが、今回このタミフルの苦さにかなりの苦労をしました。しかも、薬を苦い物と認識していなかった娘に、私の一番最初の行動でタミフルを心底嫌いにしてしまうという失態も。

いくつか試して、無事にこれなら飲めるよというものも見つかり、薬の飲みきりに成功しました!をつづります。

スポンサーリンク

タミフルドライシロップを服用するには


出典:中外製薬株式会社

飲みやすくするための工夫にも載っているとおり、タミフルが苦いので、一緒に飲んだとき苦く感じにくいものとして、ヨーグルト(イチゴ味など)、チョコアイス、服薬補助ゼリー、ココア、オレンジジュース、スポーツドリンクが挙げられています。


出典:中外製薬株式会社

同じようのものでも、味の種類によって薬が飲みにくくなるものもあり、注意が必要です。この場合ですと、乳酸菌飲料、バニラアイス、りんごジュースは飲みにくいものに挙げられています。

そして実際に試してみました。

スポーツドリンク

病院後、薬局で薬をもらって帰ってきたとき、スポーツドリンクしか家になかったため、最初の服薬の際、特に考えもなく、食事後に少量のスポーツドリンクにタミフルを溶いてあげました。そうしたら、一口飲んで、娘がまさかの号泣。「にがーい!!!」とその後は、何度あげようとしても首を横に振るばかり・・・

1回分をきっちり飲ますよう念を押されてきた私は、焦るばかりで、時間がかかりましたが、何とか大泣きされながらも、飲ますことが出来ました。そして娘から、このお薬はぜったいに飲まない!!と宣言されてしまうのでした。

ここで、私は最大の失敗を犯してしまったのです。何も考えがなかったため、苦さをそこまで消してくれないスポーツドリンクと混ぜて与えたことでタミフルがとても苦い薬だということを娘に知られてしまったのでした・・。

もう少し薬の苦さを認識しておけば、最初からどうやってあげたら娘は飲みやすいかを考えてあげてればと、悔やまれます。

チョコアイス

次に考えついたのは、娘が大好きなチョコアイス。大好物だし、甘いし大丈夫かなと期待もありました。ですが、苦さを知ってしまった娘にはただの苦いものでしかないようで、大号泣に終わりました。

おそらく、味が濃いものでも薬と混ぜてしまっては、どうしても苦さが残ってしまうんでしょうね・・・

服薬でぐったりしている母子に、主人がこんなものを買ってきてくれました。

スポンサーリンク

おくすり飲めたね


抗生物質などの苦い粉薬に適しているゼリー状のオブラート。苦い粉薬にはこちらをご利用ください。

出典:https://ryukakusan.shop/products/detail/601814

今回は苦いこな薬用ということで、さるさんがマークのものを使いました。こちらは、ゼリー状になっていて、薬を混ぜるように使用するのではなく、粉薬をゼリーで包みこむようにして口に入れてごっくんさせるように飲ませます。

苦い記憶が残っているうちは、泣きながら飲んでいましたが、舌にゼリーが乗っかったらそのままごっくんするんだよと教えていくうちに、上手にできるようになり、まったく苦く感じない!と喜んで、5日分の薬を無事に飲み切ることができました!ポイントは、量をケチらないで薬を包みこむということに尽きます。

母親の私だけでしたら、服薬ゼリーは高いしね・・・と購入しなかったと思いますが、主人がいいアシストをしてくれました。そして使用して思うことは、このおくすり飲めたねは高く感じても、時と場合では、買う価値があるとてもいい商品だなーと。この商品があって、本当によかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする