ひな人形を飾る期間は?しまうのが遅くなるとお嫁にいけないって本当?

ひな祭りは、3月3日の女の子の節句で、大事なイベントになりますね。「早くひな人形出そうよー!」と毎年、娘にせかされてから飾っているわが家です。

娘さんをお持ちの親御さんなら、ひな人形を飾る期間は、いつからいつまでなんだろうと思ったりしたことがあるのではないでしょうか?

毎年一定期間と何年も飾ることになるひな人形は、大事に扱いたいですし、しまうのが遅くなるとお嫁にいけなくなるなんて聞いたりします。

気になる内容を調べてみましたので、つづります。

スポンサーリンク

ひな人形を飾る期間はいつからいつまで?

この日からという厳密な決まりはないものの、節分の次の日の2月4日の立春のあたりから、2月中ごろあたりまでに飾るのがいいとされています。

遅くともひな祭りの1週間前までには飾り終わるようにして、ひな祭りがおわったら、出来るだけ早めに、1週間から2週間を目安に片付けるのがいいでしょう。

ひな人形をしまうときに気をつけることは?

ひな人形は、とてもデリケート。晴れた日を選んでほこりをよく落として、しまいましょう。晴れた日は空気も乾いていて、湿気も少ないため、翌年出したときにカビが生えてしまったということも、極力減らせます。

大事な顔も、素手でさわってしまうと、カビや汚れに原因にもなりますので、手袋などを着用して扱うようにしてくださいね。

ひな人形をしまうのが遅くなるとお嫁にいけないって本当?

しまうのが遅くなると、お嫁にいけないと言われていますが、結論からいうと、ただの迷信です。どうしてこのようなことが言われるようになったかというと、ひな祭りが終わっても、ダラダラと出しっぱなしにすることへの戒めもあったのではないかとのこと。

きちんとした女性に育ってほしいという願いをかけられた、女の子ならではの言い伝えなのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ひな人形の飾る期間、しまい方で気を付けること、しまうのが遅くなるとお嫁にいけないって本当?を見てきました。

娘をもつ親としては、しまうのが遅くなるとお嫁にいけないというのが、迷信であって、本当に良かったです。ですが、節目節目を気にしないことへの戒めとして言い伝えられていることについては、女の子を育てる身として、とても大事なことなんだと認識させられました。やっぱり、だらしないより、きちんとしている女性に育ってほしいですものね。

ひな人形を購入するときも、娘が大きくなっていくのと共に、毎年一緒に飾ってお祝いするんだなーなんて想像しながらでしたし、実際、娘も楽しみにしている節句です。毎年毎年、娘の成長と共にお祝いできるひな祭りを大事にしていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする