洗えるスーツの洗い方とポイントや気を付ける点!本当に洗える?

「洗えるスーツ」をご自宅で洗っていますか?

スーツを家で洗うなんて、形が崩れちゃったりしたらと思うと洗えない!という方もいらっしゃると思います。

しかも本当に洗って大丈夫なの?と不安もつきもの。

そんな方に「洗えるスーツ」の洗い方や、洗うときのポイント、気を付ける点をつづります。

クリーニングに出さないのは、持っていく手間もクリーニング代もなくなり、楽チンでとっても経済的ですよ。

わが家でも実際に洗っているので、その様子も含めて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

洗えるスーツは本当に洗える?

「洗えるスーツ」って本当に洗っても大丈夫なの?と、洗濯を担当する主婦にはとっても不安ですよね。

スーツ量販店で「洗えるスーツ」として販売されているものに関しては、自宅で洗えます!

わが家でも実際に自宅の洗濯機で洗っていて、型崩れもなく着用出来ているので全く問題なく感じています。

しかも、夏の時期など汗のにおいが気になるときも、気軽に洗えるのでとても便利です。

この場合、洗えるのは、「洗えるスーツ」として販売されているもので、いわゆる普通の「スーツ」と言われるものは該当しません。

普通の「スーツ」は、生地の加工だったり縫製が自宅洗いに適していませんので、気を付けてくださいね。

なぜ「洗えるスーツ」は洗えるの?

スーツ会社はいろいろありますが、「洗えるスーツ」は、自宅で洗濯機やシャワーなどの水で洗ってもスーツ生地に縮みやうねりが出ないような加工が、あらかじめされています。

そのため洗っても型崩れすることなく、着用できるんですね。

また、縫い目なども強化されていて、ほつれにくくなっていますし。

洗濯機に入れて相当な摩擦が起こることも想定して、作られているスーツになります。

スーツなんて洗い方が難しそう!と思われるかもしれませんが、洗う前の準備を少し気を付けるだけで、簡単におうちクリーニングできます。

洗い方のポイントや気を付ける点!

洗い方の行程の合間に、ポイントや気を付ける点もつづっていきます。

その場合、下記のように表示していきます。

【ポイント】

【気を付ける点】

では、洗い方を見ていきましょう。

洗えるスーツの洗い方

用意するもの

  • 洗えるスーツ
  • 洗濯ネット(たたんだスーツがすっぽり入る大きさ)
  • おしゃれ着用洗剤(エマールやアクロンなど)
  • ハンガー
  • パンツハンガー

洗う前のスーツのたたみ方

【気を付ける点】

スーツ上着の内ポケットや、ズボンなどのポケットの中のものを出し、社章などのアクセサリーなどもはずしておきましょう。

【1】
上着のボタンは閉めず、両そでを折りたたむ。


【2】
ズボンのファスナーなどを閉め、折り目どおりに折り、2つ折りにします。


【3】
上記の【1】の上着の上に、2つ折りにしたズボンを乗せます。


【4】
ズボンを中に包むように、上着の下半分を上に折りあげます。


【5】
ズボンが中に入ったままの上着を2つ折りにした状態で、洗濯ネットに入れます。

【ポイント】

必ず、2つ折りにした状態のスーツがすっぽり入るネットを使用してくださいね。


ここまでで、洗濯機に入れる前の準備ができました。

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単に出来るようになりますよ!

洗濯機で洗う

ネットに入ったままのスーツを洗濯機へ入れます。

この時、ネットに入れたスーツがなるべく崩れないように、洗濯漕に沿って入れてください。

おしゃれ着用の洗剤を洗剤の表示どおりに入れて、「おうちクリーニング」コースで洗います。

【気を付ける点】

水温は40℃以下で、洗濯コースは、「弱」「ドライ」「手洗いコース」「ソフト」で洗ってください。

お風呂の残り湯などで温度が高いと、縮みの原因になります。

スーツを干す

脱水が終わったスーツを放置せず、出来るだけ早めに取り出し干します。

「おうちクリーニング」コースなどですと、脱水が短くスーツから水がしたたるくらいですが、そのままハンガーに掛けて陰干しします

ハンガーに掛けたあと、手で両側から優しく挟み、軽くシワを伸ばすようにします。

わが家は、お風呂場の換気扇をかなり強くして、干すことが多いです。

お風呂場なら、水がしたたり落ちても気にならないので。

【ポイント】

したたる水の重みでスーツのシワが伸ばされるので、脱水が甘いまま、陰干ししてくださいね。

【気を付ける点】

スーツをしぼったり、さらに脱水を長くすると、シワや変形の原因になりますので、しないようにしてください。

また乾燥機、浴室乾燥機は絶対に使用しないこと。

シャワーを使った洗い方

洗濯機以外にも、シャワーを使って気軽に洗える方法もあります。

わが家では、シャワーで洗うときは洗剤を使わないので、汗をすごくかいた日や匂いが少し気になる日などです。

シャワー洗いよりも、洗った気がする洗濯機洗いの方が、頻度としては高いですが、シャワー洗いもご紹介します。

【1】
スーツの上着、ズボンをそれぞれ、裏返しにしてハンガーにかけます。

【2】
ハンガーに掛けたまま、シャワーで流します。

【3】
水がしたたり落ちなくなるまでそのままに掛けておき、その後、陰干しします。

【ポイント】

シャワーの水温は、40℃くらいでスーツにあて、2~3分ほど流します。

洗ったスーツが乾いたあとのアイロンは?

洗った後のアイロンって必要かな?と疑問に思うところですが、わが家は洗った後のアイロンはかけていません

個人差がありますが、上記の洗い方で洗うと私的にはまったくシワが気にならないため、かける必要がないのですね。

スーツのアイロンがけって難しかったりするので、シワが気になるときには洗ってしまうことも、たびたび。

アイロンをかけないことは時短にもつながりますし、「洗えるスーツ」はとっても便利です。

スポンサーリンク

まとめ

1 洗えるスーツは本当に洗える?
2 なぜ「洗えるスーツ」は洗えるの?
3 洗い方のポイントや気を付ける点!
4 洗えるスーツの洗い方
5 洗ったスーツが乾いたあとのアイロンは?

を見てきました。

汚れが気になった時にスーツをすぐに洗えるのは、本当に嬉しいところ。

夏などの汗やにおいが気になる時期にも重宝しますよ。

まだ自宅洗いをしたことがない方も、この夏を機に洗ってみてはいかがでしょうか!

【関連記事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする